僕のファッションはスキだらけ ビームス設楽社長ビームス 設楽洋社長(上)

「僕自身がビームスのイメージそのまんま、ハッピーそうだ、楽しそうだ、と思っていただける笑顔でいたい」と、ビームス社長の設楽洋さん(東京都渋谷区のビームス本社)
「僕自身がビームスのイメージそのまんま、ハッピーそうだ、楽しそうだ、と思っていただける笑顔でいたい」と、ビームス社長の設楽洋さん(東京都渋谷区のビームス本社)

米西海岸スタイル、トラッドにアイビー、ストリート――。日本を代表するセレクトショップ、ビームスの品ぞろえは枠(カテゴリー)にとらわれない。それは社長である設楽洋さんのファッション哲学そのものだ。幼い頃から流行を追いかけ、髪形も服装もクルクル変えて、あらゆるスタイルに挑戦した自称ミーハーは、徹底して装いを楽しんできた。ポリシーは「隙のある服装」。果たしてそのココロは。ファッション好きが高じて集めに集めた服の山はどう整理しているのか。装いのテクニックから断捨離(だんしゃり)まで、笑いを交えて語った。




休日は着古したスエットによれよれTシャツでリラックス

――ファッション企業の社長は、四六時中おしゃれに気を使っていると思われがち。それはそれで大変そうです。

「困ります。休みの日はめっちゃくちゃリラックスした格好で、『それがビームスの社長の格好ですか』と妻にたしなめられます。外出の予定がないオフの日は、らくちんが一番。でもこの前、まあいいだろうとそのまま犬の散歩に出たら、知り合いのファッション関係の社長さんに声をかけられて。向こうはレセプションに出席するビシビシのスタイルですよ。こっちは穴の開いたスエットによれよれのTシャツにサンダルばきで……」

――家では新しい服よりも体になじんだ服の方が解放されます。

「(漫画『ピーナッツ』の)ライナスの毛布と一緒で、一度なじんだ服は手放せません。散歩に着たスエットはビームス原宿のもの。Tシャツだって70年代から着ている。ずーっと着て、なじんで、くたくたになって、たばこで穴を開けて。何で捨てないの、といわれてもこの感じがいいんだな。もちろん普段は、次の日に会う人のことを考えて、前日にコーディネートを決めています」

――スケジュール次第では1日の間に着替えることもありますか。

「毎日堅いところから柔らかいところまで、あらゆる業界の人に会いますが、いちいち着替えてはいられません。ですから、どちらにも適した格好を意識します。一番難しいのが午前中は銀行の上の方、夕方にはデザイナーやアーティストに会うといった場合です。アーティストに寄った服だと銀行の方が『この人にお金を貸して大丈夫か』と見るでしょうし、ビシっとスーツで行くとアーティストからは『自分の感性が分からないだろうな』と思われる。そこで、これです」

毎日2~3本のストールを持ち歩く。「巻物はちょっと変化をつけたいときに便利ですよ」

――巻物ですね。

「両方に通用する服を選んだうえで、ストールなどの巻物で変化させます。いま着ている服装は銀行の方と面会しても失礼はない。午後にはネクタイを巻物に替え、帽子をかぶると雰囲気が変わります。巻物は便利ですよ。色々なタイプを50本ほど持っていて、その日の服装に合わせて2~3本持ち歩いています」

次のページ
「センスって何かというと、相手の気持ちが分かること」
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram