干上がった太古の地中海 再び満たした大洪水の証拠?

日経ナショナル ジオグラフィック社

2020/3/28
ナショナルジオグラフィック日本版

地中海と外海とを結んでいるのは、欧州とアフリカ大陸の間に位置する幅の狭いジブラルタル海峡のみ。国際宇宙ステーションから撮影(PHOTOGRAPH BY NASA)

穏やかなターコイズブルーの水をたたえる地中海。ここには、ある秘密が隠されている。海底の地下深くに厚さ約3200メートルもの塩の層が存在するというのだ。

不気味なほど白いその塩は、はるか昔に地中海がほぼ消え去ったこと示す数少ない証拠のひとつだ。科学者の中には、地中海はかつて一度完全に蒸発し、サハラ砂漠のようにカラカラに干上がったと考える者もいる。

数十年間にわたり研究が続けられてきたにもかかわらず、地中海が一度消滅し、その後、再び大西洋とつながって復活したという仮説の詳細は、長い間謎のままだった。約500万年前、地中海が消えた後の大穴に再び水が満たされたとすれば、それは地球史上まれに見る大規模な洪水だったと考えられる。ある試算によると、その流量は現在のアマゾン川の500倍にもなるという。

「想像を絶するほどの規模だったはずです」と、その試算を行ったスペイン、地球科学研究所ハウメ・アルメラのダニエル・ガルシア・カステラノス氏は言う。さらに、ガルシア・カステラノス氏らの研究グループは、学術誌「Earth-Science Reviews」の2月号に、地中海の海底の堆積物と最近見つかった溝のような地形が、この大洪水によってできたものであるという新説を発表した。

地質の活動によりジブラルタルで大西洋と地中海が再びつながり、大洪水が起きていなければ、現在わたしたちの知る地中海は存在しなかったはずだ。船がこの海を渡ることもなければ、沿岸に古代から豊かな文化が発達することもなかっただろう。そして、いまでは地中海は世界の水循環に欠かせない原動力になっている。蒸発によって地中海の塩分濃度が高くなり、これが大西洋に流れ込む。そのおかげで、地球を循環する海洋ベルトコンベアの流れが生まれ、気温や嵐のパターンなどに影響を与えている。

また、地球がどのような過程を経てきたのかを理解することは、気温が着実に上昇し、極地の氷床が減少を続ける現在、「とてつもなく重要」だと英ブリストル大学の地質学者、レイチェル・フレッカー氏は言う。

1600メートル以上も海面が低かった

今でも地中海の水は絶えず蒸発を続けており、その量は1年間に深さ約120センチ分にもなる。雨や川から流れ込む水だけではまるで足りず、地中海の水量を補える唯一の水源は、スペインとモロッコの間のジブラルタル海峡から流れ込む大西洋だ。

しかし数百万年前には、地下深くの地殻変動により地表が押し上げられ、この海峡がふさがれた可能性がある。それでも海水は流入していたようだが、地中海の海底近くを流れる塩分濃度の高い水が流れ出る経路は絶たれたのだろう。およそ600万年前には海盆の底で岩塩が堆積し始め、その量は、全世界の77億人に、塩を詰め込んだギザの大ピラミッドを50基ずつ配れるほどに膨れ上がった。

岩塩ができたときに、海水が残っていたのか、それとも完全に干上がっていたのかはまだ解明されていない。一部の研究者は、一帯は洪水が起こる直前にはほぼ干上がり、現在の海水面よりも1600メートル以上低かったと考えている。今のジブラルタル海峡となっている場所に、正確な幅はわからないものの、細長い陸橋が存在していたのだという。

約530万年前、その陸橋を越えた大規模な洪水によって、大西洋と地中海が再びつながった。ただし、地中海に残っていた海水の量と同様、洪水の規模についてもさまざまな議論がある。

証拠が乏しい中、ガルシア・カステラノス氏のチームは、空っぽになった地中海がまたいっぱいになるのに、どのぐらいの時間がかかるのかを検証した。チームが2009年に作ったモデルでは、最初はごくささやかな流れのようでも、すぐに陸地が侵食されはじめた。「あっという間に手のつけられない勢いになります」と、ガルシア・カステラノス氏は言う。

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
「メッシニアン塩分危機」発見の経緯
ナショジオメルマガ