powered by 大人のレストランガイド

ワインの王様ピノ・ノワール 世界も認めた日本の挑戦エンジョイ・ワイン(24)

たわわに実るピノ・ノワール(丹波ワイン)
たわわに実るピノ・ノワール(丹波ワイン)

「ワインの王様」とも言われ、世界的に人気の赤ワイン品種、ピノ・ノワール。日本にも熱狂的ファンが多い。ただ、栽培が難しい品種でもあり、地域や造り手による品質格差が大きいのが難点。そうした中、日本でもあえてピノ・ノワール造りにチャレンジする生産者が増え、世界的に高い評価を得るものも出てきた。先日開かれた「日本ワイン ピノ・ノワール サミット」に出品されたものを中心に、いくつか紹介しよう(3月下旬時点で完売しているものもある)。

ピノ・ノワール サミットは今年が3回目。東京都立産業貿易センター(東京・台東)内の会場では、生産者らによるパネル討論や、海外産を含むピノ・ノワールの試飲会が開かれ、数百人の愛好家が集まった。

同サミット議長でパネル討論のモデレーターも務めた、ワインコーディネーターの石井もと子さんは「カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロなど他の主要品種で、こうしたイベントが開かれることは聞いたことがない。仮に開催しても、こんなに人は集まらないだろう」と、ピノ・ノワールの特殊性を指摘する。

ピノ・ノワールはもともと、仏ブルゴーニュ地方のワイン。オークションで1本1000万円以上の値がつくこともある「ロマネ・コンティ」や、皇帝ナポレオンが愛した「シャンベルタン」も、ピノ・ノワールだ。今はフランス以外に、米オレゴン州やカリフォルニア州、ニュージーランド産などが世界的に評価が高い。

食欲をそそる豊かな酸味、イチゴやサクランボといった赤い果物を連想させる魅惑的な香り、味わいにバランスをもたらす柔らかなタンニン(渋み)が特徴で、熟成すると、キノコや和風だしの香りなど、複雑性を帯びてくる。石井さんは「繊細、ち密、エレガントで、飲むとワインの中に引き込まれるような感覚が、日本人の感性や和食と合うのではないか」と、その魅力を分析する。

栽培が難しいとされるのは、病気に弱く、また、本来、冷涼な気候に適しているため、気温が高すぎると持ち味である酸味が失われたりするからだ。とりわけ、雨の多い日本はカビなどにやられるリスクが高い。だが、こうした難しさが、逆に、「生産者のチャレンジ精神をかき立てている」(石井さん)という。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド