自宅でピクニック気分 ホットサンド楽しむ家電

幾何学模様の焼き目がかわいい/ブルーノ

ホットプレートが大人気の「ブルーノ」シリーズの「ホットサンドメーカー シングル」。公式オンラインショップの通販価格は5500円(3月中旬。税込み)

ブルーノ「ホットサンドメーカー シングル」は、鋳物のような質感とフォルムで人気が高い「ブルーノ ホットプレート」を踏襲したデザインが特徴的(「ブルーノ ホットプレート」については記事「美容・カメラ・調理 女子の『秒で買うかも』家電」参照)。プレートに幾何学模様がデザインされ、見た目も楽しいホットサンドが完成する。大きめなので耳を切らずにそのままのせられるのもうれしい。タイマー付きなので、途中その場を離れても焼きすぎが防げる。

ホットサンドはもちろん、野菜や中華まんを焼いたり、ご飯をこんがり焼いて焼きおにぎり風を楽しんだりすることができる。別売りで「たい焼きプレート」「ワッフルプレート」「ミニタルトプレート」「プチガトープレート」「ドーナツプレート」もあるので、焼き菓子づくりにチャレンジしても楽しい。

左はホットサンド。幾何学模様が楽しい。右のようにご飯を詰めればプレート型の焼きおにぎりが完成
タイマー付きなのでセットしたら放っておける。カラーはレッドとホワイトの2色

焼きおにぎりもプレートで/ドウシシャ

ドウシシャの「焼き芋メーカーWFT-103」はプレートを付け替えれば焼きおにぎりも作れる。実勢価格は1万1880円(実勢価格は3月中旬、アマゾン。税込み)

最後は焼きおにぎりを作れる家電を紹介する。自宅で石焼き芋のようにホクホク甘い焼き芋が作れるとして大ヒットしたドウシシャの「焼き芋メーカー」。さつまいもやとうもろこしがすっぽり入り、中までじっくり焼き上げる「焼き芋プレート」がメインだが、そのほかにも凹凸のある「平面プレート」と「焼きおにぎりプレート」が付属し、多彩な調理が楽しめる。

焼きおにぎりは、あらかじめ味付けしたご飯を「焼きおにぎりプレート」の型に詰め込み、挟んで焼くだけ。簡単に焼きあがるので、ピクニックに限らず、忙しい朝のお弁当づくりにももってこい。横長なので、「平面プレート」を使えばホットサンドを同時に2セット作ることができるし、バゲットなどの細長いパンを使ったサンドにも挑戦できる。

ご飯を少なめに詰めればきれいな形の焼きおにぎりに、多めに詰めれば羽根つきに焼きあがる
ホーローのようなデザインと艶消しの質感も人気
田中真紀子
白物家電・美容家電を中心に、暮らしにまつわるモノやコトを幅広く取材、執筆するフリーライター。リアルな主婦目線で、日々の家事が楽しく快適になる家電の取り入れ方を積極的に発信する。
注目記事
今こそ始める学び特集