ハーレー初の電動「ライブワイヤー」 パワフルで静粛

2020/4/5
日本上陸前の「ハーレーダビッドソン・ライブワイヤー」を一足早くスペインで試乗した(写真:ハーレーダビッドソン、以下同)
日本上陸前の「ハーレーダビッドソン・ライブワイヤー」を一足早くスペインで試乗した(写真:ハーレーダビッドソン、以下同)
webCG

勇ましいエキゾーストノートとともに悠々とクルーズする大型アメリカンバイク。そんな既存のイメージと対極にある電動モデルが、ハーレーダビッドソンから誕生した。果たしてどんな走りが楽しめるのか、スペインのワインディングロードで確かめた。

新しさが伝わるデザイン

2020年2月初旬、スペイン・マラガで開催されたハーレーダビッドソンの国際試乗会に参加した。その眼目はソフテイルファミリーの2020年モデル試乗だったが、2日間のテストライドを終えたあと、短時間ではあるもののハーレー初の電動モーターサイクル「LiveWire(ライブワイヤー)」に乗ることができた。

2014年に「プロジェクト・ライブワイヤー」としてプロトタイプをお披露目し、1年前、ラスベガスで行われる家電見本市「CES 2019」で市販モデルを発表。欧米では2019年秋から販売開始されている。日本人でその市販モデルに乗るのは、今回試乗会に参加したわれわれ(僕を含めた4人)が初めてとなる。

実車を初めて見たときに口をついて出てきたのは「うゎ、カッコいい!」という言葉だった。きっとバイクに興味を持つ10人が居たとしたら、そのうち9人がそう言うだろう。ライブワイヤーはまさにそんな“オーラ”をまとっていた。

ハーレーダビッドソン初の電動モーターサイクル「ライブワイヤー」。日本では2021年までの導入が目標とされている

“アメリカンクルーザー”の代名詞たるハーレーとはいえ、その車体構成は完全なスポーツバイクだ。アルミフレームを採用し、従来エンジンがあった場所には大きなバッテリーを搭載する。その下にモーターを備え、ベルトドライブを介して後輪を駆動する。エンジンも排気管もないシンプルでスリムな車体デザインからは、これまでのオートバイにはない“あたらしさ”が強烈に伝わる。

右のグリップにあるスタートスイッチを押すと、音もなく“起動”する。クラッチレバーやシフトペダルはないから、このままアクセルをひねれば走りだす。ハーレーのスタッフからは「十分に注意してアクセルを開けろ」と念押しされた。なにしろライブワイヤーは0-100km/h加速3.5秒という最新1000ccスーパースポーツ並みの加速力を持つのだ。

ハーレーダビッドソン初の電動モーターサイクル「ライブワイヤー」。日本では2021年までの導入が目標とされている
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
まるで“飛んでいる”かのような……
MONO TRENDY連載記事一覧