父の死で人生に迷い 行き場失った子犬が救ってくれた

日経ARIA

ゴールデンレトリバーのりんなちゃんと
ゴールデンレトリバーのりんなちゃんと
日経ARIA

かけがえのない家族の一員として、動物との暮らしを楽しんでいる女性は多いはず。物言わぬ彼らですが、時に心を幸せな気持ちで満たし、時に沈む気持ちにそっと寄り添ってくれます。「この子のためなら何でもする!」とまで思わせる存在かもしれません。人生に豊かな彩りを運んでくる最愛のパートナーであるゴールデンレトリバーのりんなちゃんと、猫のトロちゃん、チャナちゃんとの物語を紹介します。

東京・赤坂といえば、言うまでもなく大都会のど真ん中。「隣近所」などという言葉とは無縁の場所なのではと思いきや、門馬香織さんが2匹の猫と1匹の犬と暮らす街には、昔ながらの下町の雰囲気が漂っていました。

ゴールデンレトリバーのりんなちゃんを連れて商店街を歩けば、次々に顔見知りとすれ違い、「こんにちは~」と声を掛け合う門馬さん。ネイルサロンにお花屋さん、クリーニング屋さん……散歩の途中で立ち寄ると、りんなちゃんにおやつを用意しておいてくれるお店がそこかしこにあります。「こんなふうにご近所との交流が生まれたのも、りんなが来てくれたおかげです。深夜まで商売をしていますから、以前はモグラみたいな生活でした」

ゴールデンレトリバーのりんなちゃんと、トロちゃん。もう1匹の猫、チャナちゃんは隣室で様子うかがい中

先住猫たちに「子犬が来るよ」と言い聞かせた

門馬さんは赤坂にある紹介制のバー「卯左木(うさぎ)」のママ。りんなちゃんは今から7年前、常連のお客さんから譲り受けました。

「その方は前年に愛犬を亡くしていて、落ち込んでいる奥様を喜ばせようと同じ犬種のりんなを買ったんです。でも実は奥様はペットロスになっていて、『まだ無理です』と。最初は里親になってくれる方を一緒に探したのですが、結局私が飼うことになりました」

門馬さんは大の動物好きですが、子どもの頃から飼っていたのは主に猫。当時も猫3匹と暮らしていました。それが、昨年18歳になったトロちゃんと16歳になったチャナちゃん、そして昨年1月に天国へ旅立ったベニちゃんです。「大型犬と暮らすとは夢にも思っていませんでしたが、りんなを引き取ると決めてからは『子犬が来るよ、一緒にみんなで仲良く暮らすんだよ』と毎日猫たちに言い聞かせました」

そうして迎えたりんなちゃんは、生後3カ月ですでに体重は6キロ。「連れて帰って猫たちに会わせたら、『え、子犬って言ったよね? 小さくないよね?』っていう顔をしていました」と門馬さんは笑います。

りんなちゃんがやってきた30代半ばの頃、門馬さんの生活は少々「壊れて」いました。

クリーニング店ではりんなちゃんのお友達にもごあいさつ
りんなちゃんにおやつをあげるのを楽しみにしているという花屋のご主人
注目記事
次のページ
父の死で人生に迷い 酒量が増える日々
今こそ始める学び特集