アウトドア系ビジネスリュック、背負い心地と収納強み特集 春の新生活に選ぶビジネスリュック(下)

新年度に向けビジネスリュックを探している人に、アウトドアブランドのお薦めリュックを紹介する
新年度に向けビジネスリュックを探している人に、アウトドアブランドのお薦めリュックを紹介する

春の新生活に向けて、ビジネスリュックを探している人に向けて、タイプ別に注目製品を紹介する。バッグ定番メーカー、ミリタリー系のブランドに続いて、最後に取り上げるのは背負い心地に定評のあるアウトドアブランドのリュック。いずれもPC収納スペースを搭載するなど、ビジネスユースに便利な機能をしっかり備えている。

内外装ともビジネス向けにデザイン/アークテリクス

アークテリクス「ブレード 20 バックパック」(メーカー希望価格2万5000円、税別※以下同) サイズ:幅34×高さ49×厚さ7センチ

機能、デザインともに高い評価を得るアウトドアブランド、アークテリクス。同ブランドのバックパックの中で、通勤用リュックとしてお薦めなのが、この「ブレード」だ。

ブレードの最初のモデルが誕生したのは2009年、アークテリクス本社社員が通勤や出張で使用するために開発された。自転車通勤者が多いこともあり、特に背負い心地にこだわって作られているという。そして、本社のデザイナーや社員が実際に使うなかで気が付いた点や、新しい素材や技術を取り入れて細かく改良を重ね、使いやすさを追求。今回紹介する「ブレード 20 バックパック」は、2015年から展開されている。

背面フォームやショルダーハーネスなどに、アウトドアの過酷な環境で培った技術を応用し、快適な背負い心地を追求。ショルダーストラップには高密度のクッションを採用しているため、荷重を効果的に分散するという。

熱成型パッドが入ったバックパネルが快適な背負い心地を実現する

ビジネスで使っても違和感のないデザイン。メインコンパートメントは貝殻のように大きく開くため、サイドからも内部にアクセスできる。内部には仕切りがあり、15インチまでのノートPCを収納できるほか、タブレット端末用の仕切りも別に付いている。

サイドから荷物にアクセス可能。パッド入りのPC収納スペースも設けられている

ポケットも多彩で、前面の大型ポケットのほか、内部にスマートフォンや電子機器を保護しながら収納できるメッシュポケットなどを搭載。ビジネスに必要なグッズを効率よく整理収納できるケーブル専用の穴を設けたポケットも付いており、リュックから取り出さなくてもスマホなどを充電可能だ。

「男性ビジネスパーソンを中心に、もっと若い学生にも支持されている」と話すのは、アークテリクスのPRを担当する凛の船山真凜氏。PCなどの電子機器のほか、書類やランチボックスなどもしっかり収納できる20リットルという容量にもかかわらず、自転車移動や電車通勤で扱いやすいスリムな形状が、人気の理由の一つだという。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
背中が蒸れにくく雨に強い/コロンビア
MONO TRENDY連載記事一覧