出産前に次の子、ワラビーのびっくり妊娠 哺乳類唯一

日経ナショナル ジオグラフィック社

2020/3/23
ナショナルジオグラフィック日本版

メスのオグロワラビーは、出産する2日前にまた別の子を妊娠するようだ(PHOTOGRAPH BY JURGEN AND CHRISTINE SOHNS, MINDEN PICTURES)

ほとんどの哺乳類のメスは、おとなになると何度か妊娠を経験する。だが、子どもを産むごとに、その子が育つまでの間、しばらく妊娠しない動物が大半だ。もちろん、一生に1、2回しか子どもを産まないものもいる。

しかし、オーストラリア東部でよく見られる有袋類オグロワラビーの妊娠は常識外れだ。新たな研究から、成熟したほとんどのメスはいつも妊娠しているらしいことがわかった。2020年3月2日付けの学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表された論文によると、オグロワラビーは通常、出産する1日か2日前には次の子を懐妊しているという。

すべての有袋類がそうであるように、オグロワラビー(学名:Wallabia bicolor)もとても小さく未熟な子どもを産む。その子どもは生まれるとすぐに母親の特殊な袋(育児のう)に移動し、そこで母乳を飲んで育つ。論文の共著者で、オーストラリアのメルボルン大学の研究者であるブランドン・メンジーズ氏によると、カンガルーのように出産の翌日に交尾して妊娠する有袋類はいる。しかし、出産する前に別の子を妊娠する例は知られていなかった。

妊娠中にまた妊娠できる動物は、ヨーロッパに生息するノウサギの一種であるヤブノウサギと、このオグロワラビーだけだ。しかし、ヤブノウサギには明確な繁殖期がある。オグロワラビーのように、成熟するとずっと妊娠を繰り返すわけではない。

今回の論文には関与していないが、同じメルボルン大学に在籍しているデビッド・ガードナー氏は、次のように話している。「どんな種が対象であっても、繁殖に関する生物学や内分泌学を理解することで、人類の繁殖にも生かせる教訓が得られるかもしれません」。このような研究が重要なのはそのためだ。

妊娠中に妊娠しない理由

通常、哺乳類のメスは妊娠中に別の妊娠をすることはない。「理由はたくさんあります」と、メンジーズ氏は言う。その一つが解剖学的な理由だ。ほとんどの動物には、子宮は一つしかない。子宮内に成長途上の胎児がいる場合、別の胎児が入り込む余地はない。しかし、有袋類には子宮が2つある。

妊娠が重ならないもう一つの理由は、内分泌系に関することだ。発育中の胎児に栄養を与えるホルモンは、交尾で卵子の受精を促進するホルモンとは異なる(人間の各種緊急避妊薬にプロゲステロンなどが含まれる理由もここにある。このホルモンには妊娠を促進する効果があるが、同時に一時的に排卵を防ぐ効果ももっている)。ただし、オグロワラビーについては妊娠中に別の妊娠をすることがわかっただけで詳しい仕組みはまだわからないと、メンジーズ氏は言う。

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
驚きの繁殖サイクル
ナショジオメルマガ