仕事からオフへ 「ねじりのポーズ」でリラックスオフィスヨガでやる気アップ(4)

2020/4/18

「オフィスヨガでやる気アップ」の4回目は、一日の仕事を終えた後、心身ともにリラックスモードにする「片あぐらのポーズ」と「ねじりのポーズ」を紹介します。帰宅前にオンオフの切り替えを上手に済ませ、大切なプライベートの時間を気持ちよく過ごしましょう。




「片あぐらのポーズ」は、長時間座ってデスクワークをして、こり固まってしまったお尻の筋肉をほぐすポーズです。下半身に滞った血流を全身に押し戻すことで、けんたい感を解消する効果も期待できます。

椅子に座った状態で、足首を太ももの上にのせたら、上体を前に倒します。このとき背中はまっすぐに、足首を直角に曲げることを意識すると、お尻だけでなく太もも裏やふくらはぎの筋肉をしっかり伸ばすことができます。ゆっくり3呼吸したら左右2セットずつ行ってください。

「ねじりのポーズ」は、背中周りの筋肉や内臓を刺激することで、副交感神経が優位になりリラックス効果が高まるポーズです。ゆっくり息を吐きながらねじりを深めていくことで、より体の深層部にアプローチすることができます。

まず右足を上にして足を組んだら、右手をあげて背筋を伸ばします。次に息を吐くことを意識しながら、背骨の下からゆっくりと体をねじっていきます。手は椅子の背もたれにもっていき、そのままの姿勢で3呼吸します。吐く息と一緒に一日の疲れや緊張を体の外に出してあげるイメージで、左右2セットずつ行ってください。

*ストレッチや体をねじる動作は無理のない範囲で行いましょう。

監修 / 出演: ヨガインストラクター  株式会社ブレストラン代表 沖 知子(Satoko.Oki)

「How to」記事一覧

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash