「ベストはAQUOS」 2万~5万円スマホを徹底比較した

日経トレンディ

ミドルレンジのスマホ9機種を比較した
ミドルレンジのスマホ9機種を比較した
日経トレンディ

日経トレンディは4月号で「新定番ガジェット全比較」という特集を組んだ。その中から「ミドルレンジスマホ」について紹介しよう。

2019年10月1日に施行された改正電気通信事業法により通信料金と端末代金の分離が義務化。「月々サポート」のようなキャリアサービスの継続利用を条件とした割引が無くなり、通信料金と端末代金が従来よりも分かりやすく明示されるようになった。

しかし、結果として10万円を超えるスマホが激増。そこでキャリアの乗り換えや機種変更にコストをかけたくないという人にお薦めするのが、手ごろな価格で購入できるミドルレンジクラスのスマホだ。

初代iPhoneの登場から10年以上が過ぎ、スマホの基本的な技術は既に十分成熟しているため、現状ではミドルレンジの製品でも日常的な使用において何の問題も無いレベルに達している。

最新の3次元(3D)ゲームや4K動画、仮想現実(VR)などを楽しみたいといったニーズでなければ、使用感はハイエンドモデルとほとんど遜色無い。ただ、昨日紹介したハイエンドスマホで取り上げたような「マルチレンズ」や「ワイヤレス充電」「有機ELディスプレー」など、スマホの最新トレンドを取り込んでいるモデルはやはりまだ少ない。

紹介するミドルレンジモデルのうち、ワイヤレス充電に対応しているのは「TORQUE G04」(京セラ)、有機ELディスプレーを搭載しているのは「Pixel 3a」(Google)だけだ。

ではミドルレンジで選ぶならどのスマホがベストか。

ハイエンドモデル並みのスペックで機能が最も充実しているのが「AQUOS sense3 plus」(シャープ)だ。約6.0型の大型液晶を搭載し、メモリー(ROM)は128GBと大容量。4000mAhのバッテリーを採用しているのも頼もしい。背面にあるデュアルレンズカメラでは、16mm相当(35mmフィルム換算値)の超広角撮影も可能だ。ROMは64GBと半減するが、高音質コーデック「aptX HD」に対応したパイオニア製イヤホンが標準で付属する兄弟機「AQUOS sense3 plus サウンド」(シャープ)も候補になる。

6.0型液晶を採用し、RAM6GB、ROM128GBとハイスペック機に迫る性能を備える。背面カメラもデュアルレンズで、防水・防じんにも対応する。「AQUOS sense3」シリーズの中では最も高機能だ
高音質コーデック「aptX HD」対応のパイオニア製高音質ワイヤレスイヤホンを同梱したサウンド特化モデル。それ以外の基本機能は「AQUOS sense3 plus」とほぼ同じだが、ROMは64GBに半減された

AQUOS sense3 plusと同じくスペックが高く、さらにハイエンドモデルに匹敵するカメラ機能を併せ持つのが「HUAWEI P30 lite Premium」(ファーウェイ・ジャパン)だ。焦点距離17mm相当の超広角レンズと標準レンズに加え、被写界深度測定用レンズを搭載。トリプルレンズ仕様で背景をぼかしたポートレート撮影なども可能で、カメラ機能を最優先するのなら第一の選択肢になる。

ただ、今回紹介したミドルレンジモデル9製品の中で唯一、「日本標準仕様」ともいえる「防水・防じん」や「おサイフケータイ」に対応していないことがネック。

同じ3万円台なら大画面で機能が充実する「LG style2」(LGエレクトロニクス・ジャパン)も検討したい。

トリプルレンズ(うち1つは被写界深度測定用)を搭載。前後カメラとも画素数は他よりも高くハイスペックだが、防水や防じん、おサイフケータイなどの「日本標準仕様」には対応していない
今回比較した中の3万円台のモデルのうち、唯一「日本標準仕様」「大画面」「大容量バッテリー」の3つに同時対応した一台。3万円台の中で背面カメラの画素数は「HUAWEI P30 lite Premium」に次いで高い

画面サイズは5.5型と小さめだが防水や防じん、おサイフケータイなどの標準機能を搭載し、バッテリー容量も4000mAhと大きい。デュアルレンズの高性能カメラも採用したコスパに優れるモデル
他の製品とは異なる21:9の超ワイドディスプレーを採用。片手で持ちやすく、エンタメコンテンツの再生などに向くほか、2つのアプリを同時に使う2画面操作にも向いている。指紋センサーは本体側面

水中撮影や耐衝撃性など、アウトドアでの使用に対応したモデル。デュアルレンズを採用し、背面カメラは最大約2400万画素と他よりも高めだ。ただ約200gと最も重く、画面は5.0型と小さい
2万円台前半と、今回比較した中では最も安価な一台。液晶サイズは5.8型と標準的だが、解像度は他より低め。その他、カメラはシングルレンズで約800万画素、ROMは32GBなどスペックは抑えられている

19年夏に発売されたGoogle製スマホ。発売から3年間はOSのアップデートがサポートされることが特徴。約147グラムと9機種中最軽量ながらも、フルHD+に対応した5.6型有機ELを唯一採用している

(注)端末価格は支払総額(税込み。2月中旬時点)。端末を分割払いで購入し、指定期間後にキャリアへ返却(もしくは買い取り)する各種サービスは考慮していない。

(ライター 朝岳健二)

[日経トレンディ2020年4月号の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧