powered by 大人のレストランガイド

とっておきワイン、持ち込んで楽しむ「BYO」の魅力

ワインの持ち込みができる「ビストロ ア・トワ」では、客の好みのワインと料理をマリアージュ
ワインの持ち込みができる「ビストロ ア・トワ」では、客の好みのワインと料理をマリアージュ

数多くの店が立ち並び、東京都内でも有数の飲食激戦区の一つ、渋谷。その中で「ボトル持ち込みOK」を掲げ、ワイン好きらを常連客に抱え込むユニークな戦略でじわり成果を上げている店がある。渋谷区道玄坂にある「ビストロ ア・トワ」だ。

オープンは2019年6月とまだ日は浅い。当初は肉料理主体のビストロだったが、漁師の知人を持つシェフのつてで、瀬戸内から直送される新鮮な魚介類を前面に打ち出し、それをメインにしたフレンチやイタリアンに料理のコンセプトを変更。「居酒屋っぽく、お手ごろ価格で提供し、お酒と一緒に楽しんでもらう店として再スタートした」と、住谷洋祐店長。

客が酒を持ち込む場合、店側はメニューにのせたアルコール販売が落ち込む懸念から「持ち込み料」を設定しているのが一般的。1本2500~3000円ほどするケースもあり、躊躇(ちゅうちょ)する客は少なくない。そもそもボトルの持ち込みは禁止という店もある。

オーストラリアでは店にワインを持ち込み、食事と一緒に楽しむ動きは「BYO(Bring Your Own Wineの略)」と呼ばれ、一般的な飲食スタイルとして定着しているという。

「ビストロ ア・トワ」はワインの持ち込みができるとあって、ワイン好きの常連客に好評だ

BYOというスタイルに「ビストロ ア・トワ」も賛同し、オープンから丸3カ月が経過した昨年秋に導入を決定。「BYOの店は渋谷周辺では見当たらず、うちの新たなウリになる」との判断で踏み切った。セット料理(税込み料金は3900円と5000円の2種類)の予約客は持ち込み料をタダに。そうでない客でも「1人900円(税別)」とリーズナブルな料金にしたところ、これが客にウケている。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド