プレゼン前の緊張緩和に 「稲穂のポーズ」で血流促すオフィスヨガでやる気アップ(1)

2020/3/28

長時間のパソコン操作による疲労や、大切なプレゼン前の緊張など、知らず知らずのうちにたまる職場のストレス。こうしたストレスを手軽に解消できるのが、椅子に座った状態や机を使うだけで短時間でできるオフィスヨガです。緊張や疲労の緩和や、眠気の解消に効果のあるヨガのポーズを知り、やる気アップにつなげましょう。




初回はプレゼン前の緊張でがちがちになった筋肉をほぐすのに有効な「天を仰ぐポーズ」と「稲穂のポーズ」を紹介します。2種類のポーズとも椅子に座ったまま行います。

「天を仰ぐポーズ」は、首筋の筋肉をほぐすことでリラックスし、より深い呼吸ができるようになるポーズです。まず両手を交差するように鎖骨下に置いて、真上を向いて首筋を伸ばします。このとき、皮膚を下に押さえるようにして筋肉をよく伸ばすのがポイントです。「吐いて吸う」を1呼吸とし、ゆっくり5呼吸してください。右斜め上、左斜め上も同様に行いましょう。

「稲穂のポーズ」は、頭を心臓より下げながら体の両脇をしっかり伸ばすことで、血流が促され集中力が高まるポーズです。両手を後ろで組み、息を吐きながら頭を下げ、腕を上げていきます。このとき、手のひらを付けたまま肩甲骨を寄せることを意識しましょう。ゆっくり5呼吸したあと、息を吸いながら上体を起こします。

最後に「ア・イ・ウ・エ・オ」と大きく口を開き、奥歯をかみ締めてしまっている筋肉をほぐせば、緊張を和らげる効果がアップします。

*ストレッチや体をねじる動作は無理のない範囲で行いましょう。

監修 / 出演: ヨガインストラクター  株式会社ブレストラン代表 沖 知子(Satoko.Oki)

「How to」記事一覧

Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト