N
マネーコラム
Money&Investment

2020/3/15

Money&Investment

 業績以外に個別株が動く要因はあるの?

幸子 注目されやすいのは自社株買いね。企業が市場で流通する自社の株式を買い付ける財務戦略よ。増配と並んで、積極的な株主還元策と受け取られることが多いわ。

 自社株買いはどんな効果があるの?

幸子 市場に流通する株式数が減るから、利益が同じであれば1株利益が増える効果があるわ。近年、現預金が豊富な会社に対して自社株買いの要請が投資家から強まっているの。金融情報サービスのアイ・エヌ情報センター(東京・千代田)によると、今年度の上場企業の自社株取得枠の設定額は3月3日時点で約6兆9800億円と、すでに昨年度を上回っているわ。

良男 最近は「ESG」という評価軸も株価に影響を与えると聞いたよ。

幸子 環境・社会・企業統治を示す英単語の頭文字よ。多くの運用会社が、気候変動への対応が優れている企業などを高く評価するようになっているの。逆に、健康被害の原因となるたばこ産業や化石燃料を扱う企業への投資を敬遠する動きも出てきているわ。

■プロの行動 まねて売買
公認会計士・個人投資家 足立武志さん
 株式投資に不慣れな人が投資する銘柄を決める際は、まず売上高や利益が近年しっかり伸びているかを見て候補を決めましょう。自分の仕事に関わりのある業界を投資対象の候補として分析してみるのも良いでしょう。話題先行で値動きが激しく、マネーゲームの様相を呈している銘柄には手を出すべきではありません。
 株価は個人投資家よりも、海外投資家や国内の機関投資家などプロの投資行動の影響を強く受けます。株価の動きが一目で分かるチャートは、こうしたプロの投資家の過去の行動を映しているとみるべきです。投資対象の候補とした銘柄の中で、プロの投資家がつくったトレンドに沿って売買してみるのが一案です。個人では情報収集や分析に限界があるので、プロの行動をまねてみるのです。
(聞き手は川上純平)

[日本経済新聞夕刊2020年3月11日付]

注目記事