powered by 大人のレストランガイド

AIで好みのカクテル提案 ロボ店長、接客も進化中

「ゼロ軒めロボ酒場」ではロボ店長が目の前でドリンクを作ってくれる
「ゼロ軒めロボ酒場」ではロボ店長が目の前でドリンクを作ってくれる

人手不足が深刻化する中、いま飲食業界では事業者の実に8割近くが人手不足を実感しているという(帝国データバンク調べ)。最近その解決策の一つとして注目されているのが飲食店でのロボットや人工知能(AI)の導入だ。目下、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行も相まって、人手を介さない協働ロボットなどの需要も世界的に急速に高まっている。

今回は昨年あたりから都内に続々と登場しているロボットやAIを導入した“未来型”飲食4店をご紹介。まだ期間限定で試験的な運用という店もあるものの、ロボットでの接客や調理は効率的なだけでなく、エンターテイメント要素も含み、客も楽しめる。

まずは養老乃瀧(東京・豊島)が経営する居酒屋「一軒め酒場 池袋南口店」内に期間限定で開設されているコーナー「ゼロ軒めロボ酒場」。ロボットによるサービスを提供するQBIT Robotics(東京・千代田)とタッグを組み、今年1月23日から3月19日までの約2カ月間、ロボットがドリンク作りや接客の一部を行っている。

客はまずレジで年齢確認を受け、「ゼロ軒めロボ酒場」を利用するための注文チケットを購入する。チケットには当日のみ有効なQRコードが記載されており、ロボット手前にあるQRコードリーダーにそれをかざすと注文は完了。ロボ店長が客の目の前でサワーなどを作ってくれ、受け取り口から自分でドリンクを受け取ってテーブルに移動するセルフスタイルだ。

ロボットが作るドリンクはビールやサワーなど全6種で1杯500円(税込み)均一でスタートしたが、2月1日からは300円(税込み)に値下げし、生身のスタッフが作る「一軒め酒場」より割安にした。全6種には「ゼロ軒め」限定のドリンクメニューも含まれる。ここで購入したドリンクは「一軒め酒場」の客席にも持ち込める。

「ゼロ軒めロボ酒場」のロボ店長は客に合わせて話しかけることもでき、その表情がモニターに映し出される

同店は朝8時から深夜0時までと営業時間が長いのだが、ロボットによるドリンク作りは多い時で1日におよそ70杯、通常でも50杯ほど。これだけ作業するためにはスタッフ1人を確保しなければならないが、ロボットにお願いすれば生身のスタッフは材料の補充と開閉店作業のみで済む。さらに、「少しでも多く“ロボ酒場”の方でオーダーを受け、スタッフの作業量を減らそうと考え、2月1日からは“ロボ酒場”のドリンクはすべて1杯300円に値下げしました」(同社広報の長島一誉氏)。

さらにロボットは客の性別、年齢、表情などをカメラで識別し、AIを駆使して相手に合わせた声がけやドリンクの提案もする。ロボ店長のアーム(腕)の横には、ロボ店長の顔となる画面も設置してあり、シーンに合わせて表情が変化する。客の表情から接客の善し悪しを自分で学習し続け、接客スキルを向上させていくという。

「ロボットにしかできない接客があることも分かり、人とロボットが協働する可能性を考えさせられている毎日です」と長島氏。飲食店スタッフの元気すぎる接客が面倒、などと普段感じている客にも、ロボットの接客は良いかもしれない。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト