地球最大級の愛らしさ アザラシの赤ちゃんに会える島

日経ナショナル ジオグラフィック社

子どもに励ましのキスをして海に入らせ、泳ぎの練習をさせるタテゴトアザラシの母親(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES)

ヘリコプターに戻る途中、丸々と太った子アザラシと静かに見つめ合う少女を見かけた。ツアーの同行者には、バレンタインデーのデートで来たカップル、がん患者、日本人の写真家、それに、30歳の誕生日をアザラシと祝うガイドもいた。若い女性は、子どもの頃からのお気に入りだというアザラシのぬいぐるみを持ってきていた。カナダ、オンタリオ州キングストンから来たという男性は、シーズン最後のヘリコプターツアーに参加するために、なけなしのお金をはたいたあとは、車中泊をし、缶詰を食べて過ごしたという。情熱と好奇心に導かれてやってきた彼らは、ここで学び、成長し、癒やされていた。

シュノーケリング中に助けてくれたアザラシの母子と出会うまで、私は人間と野生動物の交流には懐疑的だった。けれども私は今、まったく思いがけないことが起こりうることを認めている。生物学者は、オスのアザラシがテストステロン(男性ホルモンの一種)に突き動かされて、配偶者になる可能性のあるメスと一緒に泳ぐ私に挑んできたのだろうと指摘するかもしれない。けれども、母アザラシがなぜ自分の子と一緒に私を安全なところに押していったのかは、容易には説明がつかないだろう。私には説明は不要だ。私はその事実をただ受け入れることにした。

観察ツアーは、危機的状況にある動物を本来の生息地で見ることができる最良の方法だ(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES)

マドレーヌ諸島へのアクセス

タテゴトアザラシのすむ世界は、プロの写真家や冒険家だけのものではない。マドレーヌ諸島は、プリンスエドワード島から飛行機、船、フェリーで行くことができる。

マドレーヌ諸島の中心的な島であるカップ・オ・ムール島までは、フェリーより飛行機で行く方が海氷の状況に左右されにくいが、もちろん価格は高い。エア・カナダ・エクスプレスは、モントリオール、ケベックシティー、ガスペからの便を運行している。現地の人々はパスカン航空を利用することが多い。プリンスエドワード島の港町スリスからカップ・オ・ムール島までは年間を通してCTMAのフェリーが運行している。所要時間は約5時間。

マドレーヌ諸島での楽しみ

マドレーヌ諸島の人々は親切で、快活で、機転がきく。冬は、クラフトビールを片手にたき火を囲んで談笑するのにうってつけだ。クロスカントリースキー、アイスヨット、スノーカイトもできる。島のシンボルである赤い砂岩の崖は、ハイキングが一年中楽しめる。地元産のチーズ、ニシンの薫製、職人が焼いたパンを持って行くといいだろう。四旬節の中日にあたる「喜びの主日」は、マドレーヌ諸島の人々が愛する伝統的なお祝いの日で、音楽や仮装をした人が街にあふれ、お祭り騒ぎになる。

氷の上でお互いを観察する女性とタテゴトアザラシの子。訪問者はアザラシに接近することはできるが、触れることはできない。アザラシにとって快適な距離をとることで、彼らが人間との出会いを思い思いに楽しむことができる(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES)

子アザラシに出会う方法

船中泊の旅:タテゴトアザラシがすむ秘密の世界でシュノーケリングやダイビングを楽しめるのは、地球上でマドレーヌ諸島だけだ。船で行く氷の海のサファリでは、海氷の上と下からタテゴトアザラシとのぜいたくな時間を味わうことができる。基本的に、船をチャーターできるのは2月末から3月上旬までで、平均6日間の日程になる。

氷の海を航行できる漁船には、基本的な遠征スタイルの宿泊施設が付いている。共用の寝台スペースとトイレ、調理室があり、地元の料理が食べられる。船旅には氷の状態による不確実性があるものの、日の出や日没、たそがれ時の光を好きなだけ味わえるという、昼間だけのヘリコプターツアーにはない利点がある。また、タテゴトアザラシと一緒に泳いだり、流氷の他の生き物に出会ったりもできる。夜、氷原にこだまするアザラシの鳴き声を子守唄代わりに眠りにつくのも船旅ならではだ。興味のある方は、生まれも育ちもマドレーヌ諸島のダイバー・写真家・映像作家・ツアーガイドであるマリオ・シル氏に連絡を。

ヘリコプターでの日帰りツアー:ホテル「シャトー・マドリノ」は、ヘリコプターで流氷上のアザラシの群れを観察できる少人数ツアーを実施している。参加者は出発前にタテゴトアザラシの体のしくみ、観察時の注意点、氷の上での安全について説明を受ける。ヘリコプターは群れから離れた安全な場所に着陸し、参加者は繁殖地まで歩いてゆく。所要時間は約3時間で、氷と天候の状況によって変わる。

次ページでも、タテゴトアザラシのキュートな写真を8枚お届けする。

注目記事
今こそ始める学び特集