高橋メアリージュン 「最強の30歳になりたい」を実現ドラマ「オペレーションZ~日本破滅、待ったなし~」

高橋メアリージュンさん
高橋メアリージュンさん

いまは新型コロナウイルスの感染拡大などで社会が混乱している時期だけに、政治の役割について改めて考えさせられている人も多いのではないだろうか。そんななか、まもなくWOWOWで放映がスタートするのが、「連続ドラマW オペレーションZ ~日本破滅、待ったなし~」。本作は「ハゲタカ」シリーズで知られる真山仁さんが、国家財政の危機をリアルに描いた衝撃作のドラマ化となる。

舞台は、1000兆円の借金を抱え、国家破綻の財政危機に直面している日本。そのなかで、草刈正雄さん演じる内閣総理大臣が強い信念を胸に国を救おうとする姿が描かれている。今回、特命プロジェクトメンバーの一員で、財務省のエリートでもある中小路流美役に抜てきされたのは、高橋メアリージュンさん。そこで、本作で新境地を切り開いた高橋さんにその思いと、ポジティブな生き方の秘訣を語ってもらった。

ハードルの高い英語でのお芝居は一番の挑戦だった

――社会派のドラマは初挑戦となりましたが、いかがでしたか?

高橋メアリージュンさん(以下、高橋):最初は不安でしたが、いままで勉強不足だったことを学べるいい機会でしたし、自分が成長できるだろうという期待もあり受けることにしました。ただ、専門的な言葉が多かったので、セリフを覚えることと言い慣れるようになるまでがすごく大変でしたね。

――どのようにして練習されたのでしょうか?

高橋:インターネットで調べたり、政治や経済に詳しい友達になるべく会ったりするようにしました。英語を学ぶときと同じような感じですが、たくさん話して、たくさん聞いていると、自然と言葉が出てくるようになりました。

――劇中では、英語でのセリフもありましたが、演じてみてどうでしたか?

高橋:私はハーフですが、ネーティブではないので、正直言って心配でした。とはいえ、ちょうど2年くらい前から「趣味は英語です」と言えるほど英語にスポットを当てて勉強していたので、すごくいい挑戦だなと。ワクワクと不安を同時に抱えながらという感じで臨みました。

――では、英語に関しては準備万全だったんですね。

高橋:はい、良い準備はしてましたね(笑)。ただ、あくまでもお芝居なので、発音をきれいに言うことだけに気を取られてしまわないようには心がけました。

――とはいえ、日常会話とは違うレベルの英語力を求められたと思います。具体的に取り組んだ勉強法はありましたか?

高橋:英会話スクールに行って先生に聞いたり、ハリウッドでもお仕事されていたアクティングコーチに細かい発音の指導を受けたり、あとは映画を見て勉強したりもしました。

――ちなみに、これまではどのような形で英語の勉強をされていましたか?

高橋:学校に通ったこともありましたが、忙しいときは家でできて便利なので、オンライン英会話が中心です。

――今回で海外の作品に出たいという気持ちも高まったのでは?

高橋:私は以前から海外でのお仕事にすごく興味がありましたが、実際に演じてみて本当の難しさを知りました。英語でヒーヒー言っている場合じゃないなと。つまり、英語を自分のなかに落とし込んでからお芝居をしなければいけないというハードルの高さを思い知ったという意味です。ただ、いまはよりがんばらなきゃという気持ちになっています。

英語は私にとって一番の挑戦ではありましたが、これまで怖くて逃げていたものにようやく向き合えました。いつかはぶち当たる壁だったので、いま当たれてよかったなと思います。

注目記事
次のページ
難しいことも不可能はないと信じている