とっておきの笑い、こんなときこそ 談笑小話集立川談笑

PIXTA
PIXTA

日本全国、いや世界中でストレスがたまって、いまにも爆発しそうですね。こういうときは、スカッと笑いましょう。とっておきの小話をフィクションを交えながらご紹介します。ワハハでもニヤリでもできたら、ご喝采!

■ホワイトハウスにて
その日、トランプ米大統領はテレビの前でサッカーの試合を見ていた。米国対メキシコの国際戦。その熱心な様子を見て側近が聞く。

側近「おや? 大統領、意外ですね。サッカーに興味がおありでしたか」
大統領「いいや。興味もないし、ルールも知らん。ただ、いまいましいメキシコ人たちをやっつけるのを見たいだけだ」

しばらくするとトランプ大統領がテレビの前で叫びはじめた。

大統領「おいおい! おまえたち仕事なんかしてないでこっちへ来い! これを見てみろ! やった! とうとうやったぞ! わっはっは!」

集まった側近たちがテレビを見るとまだ得点は0-0。メキシコのゴール近くでファウルがあり、これから米国側のフリーキックになるところだった。

側近「いやいや、お言葉ですが大統領。たしかに大チャンスではありますがまだ得点は入っていませんよ。これからフリーキックといって、ゴールが決まるかはこの後です」

大統領「そうじゃない。これを見てみろ! とうとうメキシコ人が自分たちで『壁』をつくりはじめたぞ!」
■最高級のプライド
北海道の一本道を最高級のロールス・ロイスが疾走していた。ところがあろうことか、急にスピードが落ちたかと思うとピタッとエンジンが止まり、車がまったく動かなくなってしまった。あたりには人家も店もない。男は途方にくれて外に出た。そしてスマホをとりだした。

男「あー、もしもし。おたくで買ったロールス・ロイスね。どういうわけだか動かなくなっちゃったんだ」

業者「かしこまりました。GPS(全地球測位システム)で位置を確認いたします。北海道ですね。では20分ほどお時間をいただけますでしょうか」

10分ほどするとどこからか爆音が響いてきた。大型のヘリコプターだ。目の前に舞い降りると後部ハッチが開き、中から出てきたのは同じ色と型のロールス・ロイス。

業者「こちらをお使い下さい。手続きなどはこちらで済ませますので」

古い方の車を積み込むとヘリは飛び去って行った。そして後日。販売担当者と話をする機会があった。

男「いやあ、あの時は助かったよ。ありがとう。故障車の替わりを、まさかヘリで届けてくれるとはね」

業者「あの、おっしゃっておられる意味が分かりかねますが。『わたくしどもロールス・ロイスの車が、故障』ですって? ご冗談でしょう」

早く言ってよ

■きのうの牛乳
朝食後、中学生の息子が母親に言った。
息子「かあさん。やっぱりきょう、学校休もうかと思うんだ」
母「あら、どうかしたの?」
息子「おなかが痛いんだ」
母「いつから?」
息子「うーん、きのうの昼すぎからかなあ」
母「やだ。ヘンなものでも食べたんじゃない?」
息子「きっとかあさんがきのうの朝、出した牛乳だよ。ほら、『1週間も賞味期限切れてるよ!』って言ったら、かあさんたら『ちょっとくらい過ぎてたって大丈夫! かあさんの鼻を信用しなさい』って。あの牛乳でおなかこわしたんだよ。さすがに1週間はアウトでしょう」
母「失礼なこと言わないでよ。じゃあきのう飲んだ牛乳が腐ってたっていうの? だってあんた、今朝だってきのうと同じ牛乳飲んでるのよ」
■思い切って告白
男「ミユキちゃん、ちょっといいかな」
女「突然どうしたのカズヤくん。なんかちょっと怖い顔してるんだけど」
男「思い切って告白するよ。入学式のときからずっと好きだったんだ。おれと、付き合って下さい!」
女「カズヤくん……」
男「おねがいします!」
女「そういうことってさ。在学中に言ってよ。30年ぶりの同窓会でする話じゃないよね」
■登校前のゆううつ
平日の朝。
「たかし! たーかし! 起きなさい! いつまで寝てるの。ほらほら、歯ぁ磨いて顔洗って、朝ごはん食べて。さっさと支度して学校行きなさい。んもう。毎朝なんだかんだ言って、結局行くんだから。同じことなら楽しく元気に学校行けばいいでしょ? あんたが行かなくて誰が授業するの? 先生がずる休みしたがっちゃダメでしょ!」
エンタメ!連載記事一覧
次のページ
生きるか死ぬかの状況なのに
エンタメ!連載記事一覧