タフで使いやすい ミリタリー系ビジネスリュック3選特集 春の新生活に選ぶビジネスリュック(中)

春から使いたいビジネスリュックを取り上げる特集。第2回はミリタリー系ビジネスリュックだ
春から使いたいビジネスリュックを取り上げる特集。第2回はミリタリー系ビジネスリュックだ

春の新生活に向けて、ビジネスバッグを新しくしたいと考えている人も多いだろう。ビジネスファッションがカジュアル化している今、人気を集めているのはリュックタイプだ。リュックは荷物が重くても持ち運びやすく、また両手が空くためスマートフォンを操作しやすいなど、毎日の通勤を快適にしてくれる。第2回は、タフな作りが魅力のミリタリーから発展したリュックを紹介する。耐久性の高さに加えて、使い勝手にも優れたモデルを厳選した。

強度に優れ収納力も高い/ブリーフィング

ブリーフィング「SQ PACK」(4万4000円、税別※以下同) サイズ:幅33×高さ50×厚さ12.5センチ

ミリタリズムを追究し、米国製の強靱(きょうじん)なパーツや技術を用いながら、タウンユース向けのバッグを手がけるブリーフィング。ブランドのルーツである「MADE IN USA COLLECTION」を始め、さまざまなシーンにフィットする多彩なラインアップを展開している。

今回紹介するリュックも「MADE IN USA COLLECTION」のひとつ。スクエア型のスリムな形状で、電車内で邪魔になりにくいなどビジネスシーンにも活躍するアイテムとなっている。

書類やPCなどをスムーズに収納できる縦長のスリムデザイン。メインコンパートメントにPCサイズのポケットを、前胴のコンパートメントにはタブレットサイズのポケットを採用するなど、収納力も高い。さらに外装に上下2段のフロントポケットを装備しているので、小物も整理して収納できる。

タフな素材を使っているだけでなく、縦長のフォルムで使いやすい。収納部も充実している

素材には、ブリーフィングの象徴ともいえる米国製1050デニール・バリスティックナイロンを使用。耐摩耗性や切り裂き強度に優れ、傷がつきにくく長く使うことができる。上部にしっかりとした手持ち用ハンドルが付いており、電車乗車時に手で持ちやすいなど、通勤時に役立つ機能も見逃せない。

30~50代に人気のモデルだが、中でも、今回紹介した新色「DEEP SEA」は、2019年12月の発売以降、ECサイトや直営店で完売が続出した人気カラーだという。「DEEP SEAは現在も追加入荷待ちのお客様が多い状況が続いている」(ブリーフィングを展開するユニオンゲート グループのPR 田村まり氏)

MONO TRENDY連載記事一覧
次のページ
すべての素材が米軍基準に対応/MIS
MONO TRENDY連載記事一覧