久々の名刺サイズ 超小型スマホRakuten Miniの実力戸田覚の最新デジタル機器レビュー

新登場のRakuten Miniは、名刺サイズの超コンパクトなスマホだ
新登場のRakuten Miniは、名刺サイズの超コンパクトなスマホだ

携帯電話事業に本格参入する楽天モバイルが、先行している大手3社に対抗するために、スマートフォンの機種でも違いを打ち出そうとしている。オリジナルの製品で驚きの小型スマホ「Rakuten Mini」がそれだ。

今回は、この小さなスマホを詳しくレビューしていこう。

驚きの小ささ

Rakuten Miniのディスプレーサイズは、3.6インチだ。「小さくて持ちやすい」と定評のあったiPhone 4シリーズが3.5インチなのでほぼ同じサイズというわけだ。ただし、iPhone 4に比べると、上下のフチが小さいので本体はより小さくなっている。

実物を見ると、あまりの小ささに驚くこと請け合いだ。名刺と比べた写真をご覧いただけば、大きさが実感していただけるだろう。名刺よりもやや長いが横幅は狭い。面積的にはほとんど同じくらいだ。クレジットカードとも同じくらいのサイズになる。

コンパクトなことは軽さにも有利にはたらき、79グラムと、最近のスマホの中では圧倒的に軽量だ。

ポケットの中に入れて持ち歩いてももちろん負担がない。それどころか、ポケットに入れたのを忘れてしまいそうになる。スマホにしては珍しくストラップホールを装備し、首から提げて使うことも視野に入れている。

本体の下カド部分に、ストラップホールを備えている

本体の構成は一般的だがeSIMになる

付属品は、充電器とケーブル、イヤホンを接続するためのアダプターとなる。充電はUSB-C端子で、最近のスマホと同様だ。本体にはイヤホン端子を搭載しないために、イヤホンで音楽を聴いたり、動画を見たりする際には、Bluetoothのワイヤレスイヤホンを利用するか、上記のアダプターを使って接続することになる。

電源ボタンや音量調整ボタンは他のスマホと同様だ
充電はUSB-C端子で行う

本体には電源ボタンと、ボリューム調整のボタンを備え、サイズこそ小さいが、一般的なスマホと構成は同じだ。

本体がコンパクトなので、箱もかなり小さい
付属品は充電器とケーブルに加え、イヤホンを接続するためのアダプターも用意する

最大の違いは、SIMカードスロットを持たず、SIMの機能を本体に組み込んだeSIMのみで利用できることだ。販売時には契約が必要になり、楽天モバイルの店頭とオンラインショップでのみ販売される。例えば、海外に出かけて現地のSIMカードに入れ替えて使う、といった使い方はできないのだ。

次のページ
用途によって使い勝手は異なる