食料備蓄足りてる? いざという時の必須4点セット災害時の栄養を考える(1)

日経Gooday

災害食は日常で試しておく

もっとも、いくら食事が大事だとはいえ、不安や緊張が続く災害現場では食欲が落ち、食べたことがない食品は食べたくないという人が多い。避難所でも外国製の缶詰など食べ慣れないものは残っている光景がよく見られたという。そのため、いつも食べているものや、買っておいてもすぐにストックがなくなるような好きな食品を多めにストックしておくことが備蓄のポイントだ。その点、市販のレトルトのおかゆなどは、食欲がないときも食べられるし、乳児の離乳食や飲み込みにくくなった高齢者の食事として、温めても冷めた状態でも食べられるなど応用範囲が広い。備蓄しておくと役立つ食品の代表格だ。

日本災害食の認証ロゴマーク

さまざまな災害食も市販されているが、購入するときは品質を見極めよう。2017年には防災訓練で食べた災害食が原因で食中毒が発生したことがあり、そうした被害を防ぐために日本災害食学会では災害食の認証制度を実施している。宇宙日本食の認証を参照した基準を満たした食品に認証ロゴマークがついているので、選ぶ際の参考にしたい。また、災害食を備蓄する場合は、一度は食べてみることをお勧めする。

「食べてみると、意外と塩気が強い、スプーンがあるほうがいい、想像以上に飲み水が必要など、いろいろなことが分かります。日常の一部として普段から楽しみながら、好みのものを探してみてください」(笠岡さん)

備蓄品は2カ所以上に分散して保管

また、ポリ袋に食材を入れて湯せんで火を通す「パッククッキング」などの調理法も普段から試しておくと、いざというとき役立つ。耐熱性のある高密度ポリエチレン袋があれば、食材と調味料を入れて煮たり、ゆでたりと、お湯だけで簡単な食事を作ることができる。一度に複数の調理ができ、洗い物も不要なため、災害時のスキルとして知っておくとよい。

食品以外に下の表に記したような家庭用品も備蓄しておくと便利だ。さらに、飲み食いしたものは必ず排せつされるので、食料の備蓄を行う際は排せつ物の処理のことまで考えるのも大切だと笠岡さんは言う。

「避難所の多くは共同トイレで、なるべく行きたくないと我慢する人が多くいます。そのため、水を飲まない、食事を食べないという悪循環に陥りがちです。食べたものは必ず排せつされますから、災害用簡易トイレも備蓄品に加えておくことをお勧めします」(笠岡さん)

【表】あると便利な備品
□ 食品用ポリ袋(耐熱温度130℃以上、湯せん対応のもの)
□ ラップ
□ アルミホイル
□ クッキングシート
□ キッチンペーパー
□ キッチンばさみ
□ 鍋、やかん
□ おたま、トング
□ 除菌スプレー(ペーパー)
□ 紙皿、紙コップ
□ 割り箸、使い捨てスプーン

備蓄品を用意したら、1カ所に保管するのではなく、分散して収納することもポイント。例えば豪雨などで1階が水浸しになっても、2階に備蓄があれば当分はしのげるからだ。2階建て以上の場合は各階に分散備蓄をしておくなどしよう。消費期限のある食品は古いものから消費し、消費した分を買い足す「循環備蓄(ローリングストック)」で、常に一定量の食品が備蓄されている状態を保つことができる。

日常の一部として「いつも」備える

「避難所での炊き出しは避難者自身が行っている姿が多く見られました。自助・共助・公助と言われますが、やはり自分の身は自分で守る自助が基本だと、現場の後方支援の経験からも実感します」と笠岡さんは強調する。

あなたの家庭では、自分を守るための備えができているだろうか。十分な食料備蓄とともに知識もスキルも「備蓄」しておくこと、そして災害食の味見やパッククッキングへの挑戦など日ごろから意識して行動することが重要。いざというときに運命を分けるのは、「いつも」の備えだ。

次回は災害時に起こりやすい健康問題について、詳しくお伝えする。

(ライター 塚越小枝子、図版作成 増田真一)

笠岡(坪山)宜代さん
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所国際栄養情報センター国際災害栄養研究室室長。1991年東京家政大学卒業(管理栄養士)、97年高知医科大学大学院博士課程修了(医学博士)。99年国立健康・栄養研究所入所。2018年より現職。分子栄養研究を経て災害時の食・栄養問題について研究。日本の政府関連機関で初めての災害栄養専門部署を立ち上げる。東日本大震災、西日本豪雨等において栄養支援の陣頭指揮を執る。

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント