もうかる家計の条件 夫婦で会話、賢い支出と投資習慣家計再生コンサルタント 横山光昭

急速に関心が高まった老後資金と投資

もう一つ大きく変わったことは、老後資金と投資です。それまでも「投資を取り入れるか検討しては?」という話は多くしてきたと思いますが、2017年に個人型確定拠出年金(iDeCo)の対象者が拡大したことをきっかけに、「投資」に注目が集まるようになってきました。家計相談の現場でもそれは明らかな変化でした。自分でつくる老後資金として周知され、老後資金はいくら必要なのかという取材も増えましたし、自分はiDeCoをやった方がよいのだろうかという相談も増えました。

翌18年には積み立て型の少額投資非課税制度である「つみたてNISA」も始まり、投資への関心はより強まったと思います。その中で昨年、金融庁のワーキンググループが出した「老後2000万円問題」の報告書が話題となり、瞬く間に老後資金を不安視する人が増えました。

「今からiDeCoができるだろうか」という国民年金保険料を払ってこなかった自営業の50代の人。「iDeCoもつみたてNISAも始めました」と胸を張って話すけれど、肝心の家計がそれにより赤字になっている家庭。退職金がいくらもらえるのか、年金はいくらもらえるのかもわからずに不安ばかりになっている人……。

すでに定年を迎え雇用継続で働いているものの、生活規模を縮小できず、年金暮らしになると数年で破綻が見えている人、貯金も退職金もないので年金だけでどう暮らすかを考えたいという人……。個々に異なる生活や金銭面の問題を抱え、それでも老後をどう乗り切ればよいかという家計相談も増加したのです。

こういった中で、「投資をしたい」と判断した人は、実に多くいらっしゃいました。家計状況を整え、投資ができる準備をするまでにたくさんの時間がかかる人もいました。それでも、自分の将来のためにと努力をし、良い習慣を身につけた人は、これから先もうまく乗り切れるのだろうと思っています。

キャッシュレスとデジタル化を家計の味方に

さらに、お金のあり方も変わりました。キャッシュレス決済が浸透し始め、現金をみることが少なくなってきています。これまでもクレジットカードやデビットカードなどといった「カード(プラスチックマネー)」を介してのキャッシュレス決済は多くありましたが、スマートフォンひとつでできる「スマホ決済」が広まりました。浸透率はカードほど多くはないようですが、スマホ決済自体のポイント還元率や割引・キャンペーンなどから注目が集まり、導入が進みました。今後はもっと急速な普及が見込まれています。

セキュリティー上の不安がぬぐえない人も多くいるようですが、消費増税に伴う「キャッシュレス消費者還元事業」でポイント還元率が期間限定でより高くなり、これまでよりもキャッシュレス決済をする率は高くなっているように感じます。

また、銀行もデジタル通帳を積極的に取り入れ、お金の受け取り・支払いの多くが、インターネット上で完結できるようになりました。

このようにお金が「紙幣・硬貨」ではなく、「数字」で確認することが多くなると、「お金のありがたみがなくなる」などと心配される人も多くいらっしゃったように思います。ですが、これらに私たちは慣れていかなくてはなりません。お金の変化に対して、自分の価値観をアップデートしていかなくてはならない時代なのです。

家計管理のあり方、老後資金のつくり方やお金のため方、お金の受け取り方・支払い方など、ゆっくりと、でもしっかりと変化してきたこの7年間。これからもお金のあり方や、お金との付き合い方が変わると、戸惑ったり不安になったりすることもあると思います。ただ、そういうときであっても慌ててはいけません。自身の現状をできるだけ冷静に把握し、「自分の場合は?」という視点でみてください。地に足をつけつつ、柔軟に捉え、無理のない、いい状態をキープできるよう、「自分の家計の最適化」がなされるよう家計をカスタマイズして、つくり上げられるようにしていってほしいと願っています。

◇   ◇   ◇

もうかる家計のつくり方」は今回で最終回となりました。この連載は7年間、203回にわたりお届けしてまいりました。これまで多くの人にお読みいただき、たくさんの反響をいただきました。ご愛読どうもありがとうございました。

横山光昭
(株)マイエフピー代表、mirai talk株式会社取締役共同代表。顧客が「現在も未来も豊かな生活を送ることができる」ことを一番の目標に、独自の家計再生・貯金プログラムを用いた個別の指導で、これまで1万件以上の赤字家計を再生。著書は累計100万部を超える『年収200万円からの貯金生活宣言』シリーズ、累計65万部の『はじめての人のための3000円投資生活』シリーズがあり、著作合計88冊、累計270万部となる。講演も多数。
注目記事
今こそ始める学び特集