ハーバード大准教授が語る 男女の妊娠力高める食生活

日経BP総研マーケティング戦略研究所

写真はイメージ=(c) PaylessImages-123RF
写真はイメージ=(c) PaylessImages-123RF

妊娠しやすさと栄養との関係を科学的に解明する研究を続けてきたハーバード大学公衆衛生大学院栄養疫学准教授のジョージ・チャヴァロ氏が2019年末に初来日し、東京・大手町で講演した。チャヴァロ氏は、日本で2013年に出版された『妊娠しやすい食生活 ハーバード大学調査に基づく妊娠に近づく自然な方法』(日本経済新聞出版社)の著者の一人。講演と、出版後に分かった最新研究の成果を踏まえたインタビューから、「カップルで始めたい食生活の6つの法則」を紹介する。どれもすぐに始められることばかりだ。

女性だけでなく男性への有効性を確認

ジョージ・チャヴァロ氏

「私たちは、約1万8000人を8年間追跡調査した米国の看護師健康調査2の結果から、女性の妊娠の可能性を高める食生活の法則を導き出し、『妊娠しやすい食生活』で詳しく解説しました。その後の研究で、この法則は、女性だけではなく男性にも同様に当てはまり、カップルで実践すべきだということがわかりました」。チャヴァロ氏は、そう説明した。

看護師健康調査(Nurses' Health Studies、NHS)は、ハーバード大学公衆衛生大学院が1976年から12万1700人の既婚女性看護師(30~55歳)を対象に始めた大規模な疫学研究だ。第2次看護師健康調査(NHS2)は、NHS1より少し若い25~42歳の未婚・既婚看護師11万6430人を対象に1989年から始まった。チャヴァロ氏らは、NHS2の対象者のうち、「妊娠を希望している」と回答した約1万8000人を8年追跡調査して、食生活と妊娠との関係を調べた。

その結果、「妊娠の可能性を高める法則」(下表)のうち、1つでも実践している女性は、1つも実践していない女性に比べて不妊になるリスクが30%下がった。また、実践数が多い女性ほど、排卵障害になるリスクが低かった[注1]

【妊娠の可能性を高める6つの法則】
●全粒小麦粉、玄米などの精製度の低い穀類を選び、精製された炭水化物は減らそう。
●不飽和脂肪酸を積極的にとり、トランス脂肪酸は避けるようにしよう。
●植物性たんぱく質を積極的にとり、動物性たんぱく質の割合を相対的に減らそう。
●葉酸(少なくとも1日400μg)や鉄分を積極的にとろう。
●水を十分に飲む。砂糖入りの清涼飲料水は控え、コーヒー、紅茶、アルコールは飲みすぎない。
●体重をコントロールしよう。太りすぎているなら、体重の5~10%を減量する。日本人の場合、最適なBMIの目安は19~23程度。1日30~60分、体を動かそう。


※『妊娠しやすい食生活 ハーバード大学調査に基づく妊娠に近づく自然な方法』(日本経済新聞出版社)とチャヴァロ氏の取材を基に編集部が作成)

男性もこれらの法則を実践すれば、精子の運動率が上がることが複数の研究で分かってきた。米国の大学生188人を対象にした研究[注2]では、魚や鶏肉、果物、野菜、豆類、全粒粉の穀類中心の食事をしている男性の精子の運動率は、赤身肉、ベーコンやソーセージなどの加工肉、白いパンなど精製された穀類、ピザ、スナック菓子、砂糖入り清涼飲料水や甘い物を好んで食べている男性より高かった。

スペインの大学生215人を対象にした研究[注3]でも、果物と野菜、魚介類を含む地中海食中心の食事は、加工肉やフレンチフライ、スナック菓子中心の食生活より、精子の運動率を明らかに高めることが分かっている。

血糖値の急上昇は生殖機能に悪影響

チャヴァロ氏らハーバード大の研究グループが、マサチューセッツ総合病院と共同で行っているEARTH(The Environment And Reproductive Health)研究でも、6つの法則のような食生活をより忠実に実践している人のほうが、生殖医療による出産率が高いことが示されている[注4]

中でも大事なのは玄米や全粒粉など精製度の低い穀物などをとること。その理由は…。写真はイメージ=(c) cokemomo-123RF

「中でも、精製された穀類ではなく、全粒粉を含む精製度の低い穀物などの炭水化物や野菜・豆などをとって、血糖値の上昇を緩やかにすることが特に重要」とチャヴァロ氏は話す。

血糖値が生殖機能にまで影響を及ぼすのはなぜなのか。チャヴァロ氏によると、女性の場合、精製された穀類や砂糖入り清涼飲料水、スナック菓子などによって血糖値が急激に上がり、それを下げるために膵臓からインスリンが大量に分泌されると、性ホルモン(テストステロンやエストロゲン)と結合する作用のある物質(性ホルモン結合グロブリン)の分泌が低下する。テストステロンは男性に多いが、女性も卵巣や副腎から分泌している。性ホルモン結合グロブリンが少なくなると、結果的に、結合する相手のいないテストステロンが血液中にとどまって排卵の邪魔をすることになるのだ。こうしたテストステロンの増加は、排卵障害をもたらす「多のう胞性卵巣症候群」の原因にもなる。

一方、男性の場合は、血糖値の急激な上昇を繰り返してインスリンの効き目が悪くなると、糖化などによって精子の質が低下するのだ。

オメガ3脂肪酸を積極的にとる

「妊娠の可能性を高める6つの法則」の2つ目の不飽和脂肪酸というのは、魚に多いことで知られるオメガ3脂肪酸などの多価不飽和脂肪酸と、オリーブオイルやキャノーラ油などに多い一価不飽和脂肪酸のことだ。悪玉コレステロールとも呼ばれるLDLコレステロールの数値を下げ、血液中に血栓(血液の塊)ができるのを防ぎ、心臓病や動脈硬化からも体を守る働きをする。

「特に、最近脚光を浴びているのが、魚だけでなく、クルミ、亜麻仁油などに豊富に含まれているオメガ3脂肪酸です。精子細胞膜のオメガ3脂肪酸の割合が高い男性ほど、精子濃度が劇的に増加しました。魚の摂取量が多い人ほど、総精子数が多いことも分かっています。逆に、同じ不飽和脂肪酸でも植物油などを加熱した際などに生じるトランス脂肪酸は、血管の健康や精子の精製に悪影響を及ぼし、その摂取量が多いほど、排卵障害や不妊のリスクが高まります。健康への悪影響が大きいため、米国など多くの国では、すでにトランス脂肪酸の使用が禁止されています」とチャヴァロ氏は語る。なお、トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングなどに多いとされるが、日本ではメーカー各社が減らす努力を行っており、その場合には商品に表記されていることも多い。

[注1]Obstet Gynecol. 2007 Nov;110(5):1050-8.

[注2]Hum Reprod. 2012 Oct; 27(10): 2899-2907.

[注3]Hum Reprod. 2015 Dec;30(12):2945-55.

[注4]Am J Obstet Gynecol. 2019 Jun;220(6):567.

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
次のページ
魚と葉酸はカップルで積極的にとりたい
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント