資産形成は楽して幸せに 自動積み立て・分散投資…マネーハックの奥義(2)

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF

今月は「マネーハックの奥義」を伝授しています。先週は「新しいテクノロジーは使い倒せ」とお伝えしました。

今週は「とことん省力化を図ってラクをしていいのだ」という話をします。省力化こそマネーハックの目指すべき方向の一つです。

お金の問題に努力とか根性はいらない

お金の本で、努力や根性を強くアピールしているものは少なくありません。毎日3~4時間、投資についての情報収集やトレードをする必要がある、手間暇をかけて毎日ブログなどのSNS(交流サイト)を活用しないと副業で稼げるようにならない、と言う人がいます。

そうしたことが好きな人がする分は構いませんが、私たちの人生のメインテーマは投資でも副業でもありません。趣味や生きがい、家族との時間などが私たちの一番大事なことであるべきです。

また、あなたの主たる仕事を副業や投資が妨げてしまうのも本末転倒です。「生涯賃金3億円」とよくいわれますが、副業や投資で3億円を稼げることはほぼありません。それに投資の原資として、主たる仕事で得られた余裕(貯蓄)を使っているので、そもそもの主従関係を間違えてはいけません。

私は根っからの文化系なので、根性や努力を賛美するような体育会系的な思考は大嫌いです。というのも、根性論の多くはあまり合理的ではないからです。

真剣に考えるべきはどこまで自動化できるか

マネーハックの基本的なスタンスは「同じパフォーマンスならラクをして実現すればいい」です。

私たちは限られた時間を有効に生かすためにも、お金の問題こそ「ラクをして実が得られる」ことを真剣に考えてみるべきだと思います。今すぐ実行できる「ラクなこと」として、以下のものが挙げられます。

○自動積み立てによる貯蓄や投資の実行(口座間の資金移動の省力化)
○自動記帳できる家計簿アプリによる家計管理(入力作業の効率化)
○複数の銀行口座の一括管理(アカウントアグリゲーション機能による効率化)
○投資期間の長期設定(短期的な利殖を追わないことで投資判断の省力化)
○投資信託を活用した国際分散投資(資産運用に伴う銘柄分析や注文の省力化)
○e-Tax(国税電子申告・納税システム)の活用(税金手続きの省力化)

自動化することによる最大のメリットは、ストレスからの解放です。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
次のページ
「ラクをする」、決して悪いことではない
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし