まさかの「寒暖差アレルギー」 ホッとする春よ来い!

なかなか治らない首の皮膚炎を診察してもらいに皮膚科を訪れると、一時的な金属アレルギーと診断された。その時、ついでにいろいろなアレルギー検査も受けてみようと思いついた。十年以上前から毎年かかる花粉症が、だんだん長引くようになっているのが気になっていたからだ。杉、ヒノキ、桜など、暖かくなり始めると、なんだかいつも鼻がグズグズ、喉がチクチクして辛いのである。

その日は採血だけして、後日、詳しい説明を聞きに行った。

ところが結果は、

「アレルゲン(アレルギーを引き起こす原因になる物質)無し」

え?えーっ!!

嘘でしょ?だって私、もう花粉症もベテランの域よ。三月に入れば「今年も始まったねー」なんて会話が恒例だったのに。今更違ってましたと言われても、引っ込みがつかないではないですか。

口をパクパクさせている私に、穏やかな口調で医師が言った。「アレルギーはアレルギーでも、寒暖差アレルギーでしょう。」

聞いたことはある。情報番組に出演しているので。けれど正直言って、寒暖差くらいでと甘く考えていた。

寒暖差によるアレルギーは、一日の温度差が七度以上になると起こりやすいのだそうだ。症状は、たいへん花粉症に似ている。違いは、目のかゆみがあまり無いこと。

「だから患者さんは勘違いしやすいのです」と、再び穏やかに医師は言った。

「気をつけることは?」

「人の体は気温差に対応する為に、自律神経が血管を収縮させたり拡張させたりを、実は一日中繰り返しているのです。ですが、寒暖差が大き過ぎると調節が追いつかなくなってしまうのですよ。だから、働きづめの自律神経を、よく休ませて労ってあげることが大切なのです」

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
疲れ目・かすみ 目の健康守る
注目記事