powered by 大人のレストランガイド

音楽と味なペアリング シャンパン・メゾン新たな挑戦

高級シャンパンメゾン、クリュッグ家6代目当主のオリビエ・クリュッグ氏
高級シャンパンメゾン、クリュッグ家6代目当主のオリビエ・クリュッグ氏

「シャンパンの帝王」の異名をとるフランス北部・ランスが拠点の高級シャンパンメゾン 、クリュッグ。社長兼CEOに加え、今年から醸造部門トップにも女性が就任し、新たな 一歩を踏み出した。シャンパンと音楽を絡めた「ミュージック・ペアリング」や「クリュッグiD」など時代の変化に即したユニークな試みも積極的に打ち出す。来日したクリュッグ家6代目当主、オリビエ・クリュッグ氏に聞いた。

――どれくらいの頻度で来日されていますか?

年2、3回のペースです。「クリュッグアンバサダー」と呼ばれるクリュッグ取扱店舗やレストラン関係の方々などにお会いするのが目的です。今回は「クリュッグ 2006」というビンテージシャンパンや、近年取り組みを強化している「ミュージックペアリング」の紹介も目的です。

――ミュージックペアリングとはどのようなものですか?

料理に合うお酒をセレクトし、一緒に楽しむのが「フードペアリング」ですが、その音楽版で、シャンパンに音楽を絡めた新たな楽しみ方の提案です。その手法ですが、まずはミュージシャンの方々にクリュッグを飲んでもらい、感じたフィーリングを音で表現してもらいます。

オリジナルの曲で表現される方もいれば、感じたフィーリングに近い既存の曲を選ぶ方もいます。クラシックやジャズ、エレキバンドなど様々な音楽ジャンルの方々20人ほどにご協力いただいています。中には今までクリュッグをご存じない方もおられましたが、 アウトプットされた音楽を聴きながら、シャンパンを飲むと味わいが変わるから不思議です。味覚を研ぎ澄ます力を音楽は秘めているからでしょう。

――ユニークな試みですが、その狙いは何でしょう?

「シャンパンに音楽を絡めた新たな楽しみ方として『ミュージックペアリング』を提案しています」とクリュッグ氏

クリュッグやシャンパンをご存じない方にも音楽を介すれば、伝わりやすいと考えており最近、取り組みを強化しています。クリュッグをこよなく愛する人たちを指す言葉に「クリュギスト」があるようですが、私たちはその言葉は使わず「クリュッグラバー」と呼んでいます。ラバーの方が寛容性を感じるし、シャンパンはそもそも寛容的な飲み物だからです。

シャンパンメゾンの使命は「コンテンポラリー・ラグジュアリー(今日的ぜいたく)」の提供です。品質面で一切妥協しないのはもちろん、人に対しても常にオープンでありたいと思っています。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド