EXILE TETSUYA 夢はたくさん「三つ編みライフ」の力

日経エンタテインメント!

2009年、EXILEにパフォーマーとして加入し、精力的に活動を続けているEXILE TETSUYA。アーティストとして多忙ななか、それ以外にも研究者や事業家として活動にも取り組む。それら経験を基に、初の著作として『三つ編みライフ~夢を叶えた31の言葉~』というビジネス書を上梓した。そんな彼に、「働き方」や「夢の叶(かな)え方」について聞いた。

(写真:洞澤佐智子)

EXILE TETSUYAはパフォーマーとは異なる“顔”も持っている。それは、11年からスタートしたダンス・パフォーマンス向上のための研究者としての顔。12年から雑誌『月刊EXILE』での連載「EXILEパフォーマンス研究所(EPI QUALITY)」をきっかけに、ダンス・パフォーマンスをいかに高めていくかの研究をスタートし、様々な分野の研究者やアスリートに会うことで知識を身につけてきた。14年からは淑徳大学の人文学部表現学部の客員教授に就任し、学生に「表現」に関する講義も行っている。

もう一つは、コーヒー事業「AMAZING COFFEE」のプロデューサーとしての顔だ。プライベートで興味を持ったことをきっかけにコーヒーマイスターの資格を取得し、15年に立ち上げたコーヒーショップ「AMAZING COFFEE」は、今では6店舗を展開している。

――20年は、所属事務所のLDHが6年に一度開催する「LDH PERFECT YEAR」であるということもあり、アーティストとしての活動が活発ですね。1月から福岡・名古屋・大阪でEXILEのドームライブを開催。2月22日にはもう一つの所属グループであるEXILE THE SECONDの初のベストアルバムがリリースされ、4月からはアリーナツアーに入ります。

「1月からEXILEのドームライブを行ったのですが、今回は“ベストライブ”をうたっているので、現在の15人のEXILEの集大成を見せなければいけない。このライブを通して僕らがお届けすることのできるベストは何かをしっかりとメンバーと話し合いながら作っていきました。そして、2021年はEXILEの20周年の年なので、このままの勢いで1年間走り抜けて、来年にうまくつなげていきたいと思っています。

またEXILE THE SECONDでは、SECONDの歴史を振り返り、満を持してベストアルバムを発売しました。2020年という切りの良い年に集大成となる作品を作り、さらにそれをひっさげて全国アリーナツアーを行えるのはあらためて、本当に幸せな環境にいるなと実感しました。SECONDは、EXILEという大きな母体に属し、EXILEでは表現できないことをEXILE THE SECONDを通して表現しています。僕らは、年齢や経験的にもEXILEのど真ん中にいるメンバーでEXILE TRIBEの基盤であるともメンバー一同感じています。そんなSECONDが作り上げるエンタテインメントを通して、後輩グループにも刺激を感じてほしいですし、またEXILEとは違った僕らの姿をファンの皆さんに表現できればと感じます。

そういった意味では僕らも今の現状に満足することなく、常に新たなことに挑戦し続けていかなればと思います。しかし、スケジュール的にはEXILEのツアーが終わった後、割とすぐにEXILE THE SECONDのツアーが始まるので、皆さんに最高のパフォーマンスがお届けできるように健康第一で頑張ります」

次のページ
3つの活動を同時にやることが楽しい
エンタメ!連載記事一覧