007の外しの美学 ボンド、英国紳士の装いに「遊び」服飾評論家 出石尚三

「007 サンダーボール作戦」でのショーン・コネリー。袖口から「ボンド・カフ」がのぞく =AP
「007 サンダーボール作戦」でのショーン・コネリー。袖口から「ボンド・カフ」がのぞく =AP
19世紀の英国からフランスへと広がったダンディズムとは、表面的なおしゃれとは異なる、洗練された身だしなみや教養、生活様式へのこだわりを表します。服飾評論家、出石尚三氏が、著名人の奥深いダンディズムについて考察します。



映画「007」シリーズ25作目「ノー・タイム・トゥ・ダイ」が11月にも公開予定です。これまでジェームズ・ボンド役を演じた俳優はショーン・コネリーからダニエル・クレイグまで数えて6人。それぞれの俳優が、原作者である英国の作家、イアン・フレミングが描くところのボンド像を個性豊かに演じてきました。

着るものに凝った作者のイアン・フレミング

ご存じ「007」は英国諜報(ちょうほう)部員。殺人許可書を持っているという設定です。いわゆる「大人のおとぎ話」であり、映画化されるや大ヒットシリーズとなりました。そして、「007」のファンはそれぞれ、歴代ボンドの中にご贔屓(ひいき)の俳優がいるらしい。中でも「絶対、ショーン・コネリー!」という向きが多いといわれます。

ショーン・コネリーは1930年にスコットランドで生まれました。2020年は生誕90年ということになります。映画「007」の第1作は、1962年に公開された「ドクター・ノオ」。監督はテレンス・ヤングでした。テレンス・ヤング監督はほとんど無名だったショーン・コネリーに演技を教え、それ以上に熱心に服の着こなしを教えました。

小説の中のジェームズ・ボンドはなかなかの洒落(しゃれ)者として描かれています。それもそのはず。おしゃれに関しては、作者のイアン・フレミング自身がただ者ではなかったからです。実際の彼は、一般の英国人からすれば、ちょっと嫌みに感じるほど着るものに凝るたちでしたので。

しゃれ者として知られたイアン・フレミングは水玉のボウタイを好んだ =AP

イアン・フレミングは常に、水玉のボウタイ(蝶ネクタイ)を好みました。また、しばしばターンバック・カフのスーツを着ました。ターンバック・カフとは、上着の袖口に折り返しのあるデザインのことです。

水玉のボウタイも、折り返しのあるターンバックカフも、上流階級の好みなのです。イアン・フレミングは、英国の中流としてはいささか気障(きざ)で、いささか高級品好みのお方だったのです。簡単にいえば、「上流気取り」、スノッブだったのです。貴族でもないのに貴族風を好むのが、スノッブ。少なくとも小説の「007」には、スノッブの匂いが濃厚であります。

次のページ
「ボンド・カフ」は洒落者の秘密諜報部員の象徴
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash