バッグブランドの注目リュック 時代が求めたデザイン特集 春の新生活に選ぶビジネスリュック(上)

春から使いたい、バッグ専門メーカーの注目ビジネスリュックを紹介する
春から使いたい、バッグ専門メーカーの注目ビジネスリュックを紹介する

春の新生活に向けて、ビジネスバッグを新しくしたいと考えている人も多いだろう。ビジネスファッションがカジュアル化している今、人気を集めているのはリュックタイプだ。リュックは荷物が重くても持ち運びやすく、また両手が空くためスマートフォンを操作しやすいなど、毎日の通勤を快適にしてくれる。そこで今回の特集では、3回にわたって「バッグ専門ブランド」「ミリタリー系ブランド」「アウトドア系ブランド」とブランドカテゴリー別にビジネスバッグを紹介する。

第1回は、人気バッグブランドの注目作を取り上げる。バッグ専門メーカーだからこそラインアップが多彩で、トレンドを加味したリュックを展開できる。時代のニーズに合った機能・構造のビジネスリュックは必見だ。

前持ちを前提としたデザイン/エース

ace.×SOPH.「フロンパック」(メーカー希望価格1万9000円、税別 ※以下同) サイズ:幅26×高さ39×厚さ6センチ

ビジネスリュックが普及した2017~2018年ごろ、電車内でのリュックの持ち方・置き方が大きな問題となった。今では電車内ではリュックを前に抱えて持つことがマナーとなりつつある。そんな電車マナーを考慮したリュックをいち早く展開したのがエース。前持ちを意識して作られた「ガジェタブル」は2019年グッドデザイン賞を受賞した。3月に発売した新作は、さらに一歩進んだ「前持ちを前提としたデザイン」になっている。

「リュックは身体に触れる面積が広く、特に前持ちスタイルは『着る』行為に近付いているように感じている」と話すのは、エースのマーケティング部で広報・PRを担当する森川泉氏。本作はアパレルブランドを手掛ける「SOPH.」と協業しており、柔軟な発想をデザインや機能に取り入れることができたという。

上部ポケットにスマートフォントレーを搭載。立った状態でもハンズフリーでスマートフォン動画を視聴できる

最大の特徴は、前持ちの利点を生かす機能として「スマートフォントレー」を装備している点だ。フロント上部のポケットを開くと、そこをスマートフォントレーとしても使えるので、電車内で立った状態でもハンズフリーで動画などを楽しめる。歩きスマホ対策として、あえて簡易的な作りにし、立ち止まった状態での使用に最適化したという。

前持ちした際に自分にも周囲にも邪魔になりにくく足元が見やすい薄マチ形状。ポケットの位置やウエストベルトの調整なども、前持ちした状態で使いやすく設計されている。内装には、パッド入りのタブレット端末収納部が用意されており、それほど荷物が多くない人なら十分な収納性を備えている。

「弊社のビジネスリュック販売個数は2011年以降、年々右肩上がりに推移しており、2019年も前年比140%と好調」(森川氏)。ビジネスシーンに定着したリュックは、今後ニーズに合わせてさまざまなバリエーションが展開されるはずだ。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
コンパクトなのに収納力抜群/TUMI
MONO TRENDY連載記事一覧