スマートウオッチ6機検証 睡眠計れるGalaxyに軍配

日経トレンディ

家電量販店などで扱われている心拍センサー搭載モデル6機種の使い勝手を比べた
家電量販店などで扱われている心拍センサー搭載モデル6機種の使い勝手を比べた
日経トレンディ

2019年9月10日に発売されたスマートウオッチ「Apple Watch Series 5」(アップル)の最大の売りはディスプレーの「常時表示」だ。実はこれまでのシリーズはバッテリーの消費を抑えるため、手首を上げたときにディスプレーが点灯し、時刻などの情報を確認できる仕組みだった。初代機の登場から4年以上が経過し、Apple Watchは手首を動かさなくても時刻を確認できる「腕時計」にようやくなったといえる。

人気シリーズが常時表示に対応し、いよいよ実用的になってきたスマートウオッチ。心拍センサーの搭載はもはやスタンダードとなり、ランニングやサイクリングといったアクティビティーでの運動負荷などを測定するだけでなく、睡眠の質まで測れるモデルも増えてきた。そこで家電量販店などで扱われている心拍センサー搭載モデル6機種の使い勝手を比べた。

常時表示、睡眠計測、GPSの3機能に同時対応した唯一のモデル。日常からスポーツシーンまで幅広く使える。文字盤のデザインやアプリが豊富に用意され、Apple Watchのようにカスタマイズが楽しめるのも大きな魅力だ。直径44mmと40mmの2モデルを用意している
常時表示に対応した最新モデル。人気シリーズだけあって、アプリが豊富で非常に使いやすい。ただ、現状では標準機能としての睡眠計測アプリは用意されていない。Apple Payによる決済が可能で、セルラーモデルなど選択肢が多いのも特徴だ

スマートウオッチの総合的な機能を比較したところ、最も使いやすかったのが「Galaxy Watch Active 2」(サムスン電子)だ。屋外でも見やすい有機ELディスプレーを採用し、常時表示に対応。いつでも時刻を確認できる。豊富なウオッチフェースを用意しているため、スマホの壁紙のようにデザインや表示する情報を気分やシーンに合わせて様々にカスタマイズできるのも魅力だ。

(左)Galaxy Watchはカラフルで見やすいアプリ一覧(右)音声認識で作成したテキストでメールの簡易返信もできる

スマートウオッチとして数十種類の運動のログを記録できることはもちろん、サードパーティーを含む豊富な専用アプリも用意しているため、非常に多くの機能を使えることが強みといえる。

Apple WatchもGalaxyと並んで使い勝手に優れているが、大きな違いが睡眠計測機能の有無だ。Galaxyは各種データから睡眠の質を測定できるが、現状でApple Watchには標準でそうした機能は無い。睡眠を測定するにはサードパーティー製のアプリを探す必要がある。

ただ、Suicaやクレジットカードでの支払いができる決済機能「Apple Pay」はApple Watchの大きな強み。ランニング中など「財布もスマホも持たずに買い物をしたい」というニーズには向いている。

多機能なGalaxyとApple Watchだが弱点もある。利用頻度にもよるが、バッテリー駆動時間が短いため、両者とも1~2日置きの充電が必要になるのだ。

GPS搭載で駆動時間も最大5日間と長く、バランスに優れる一台。常時表示が可能だが、その際は数字や時計の針のみのシンプルな簡易表示になるのが惜しい。使えるカードや店舗はまだ限られるが、「Visaタッチ決済」に対応した機能「Garmin Pay」を使える
心拍データを利用した睡眠計測機能や文字盤の常時表示に対応したモデル。駆動時間が長めなことも評価できるが、GPSは非搭載。そのため、ランニングなど屋外でのワークアウトでルートなどを記録したければスマホも一緒に持ち出す必要がある

駆動時間を優先するのなら、「Garmin Venu」(ガーミンジャパン)が候補になる。バッテリー駆動時間は最大5日間と長めで、電池切れの心配は少ない。睡眠計測機能を搭載し、簡易表示にはなるが、ディスプレーの常時表示にも対応している。また、使える場所やカードが限られるためApple WatchのApple Payには及ばないが、「Visaタッチ決済」に対応する「Garmin Pay」もユニークだ。

モノクロ液晶とカラー液晶を2層にしたモデル。カラーでの常時表示はできないが、モノクロ液晶での時刻表示は可能だ。フィッシングなど対応アクティビティーは多い。本体は重く、操作への反応はやや遅めの印象だった。睡眠計測機能は搭載していない
手ごろな価格ながらも、最大20日間の長時間駆動が特徴のモデル。GPSや常時表示には対応せず、他と比べるとスペックは見劣りするが活動量計としての機能は高い。他の睡眠計測機能を搭載していないモデルと2台持ちするのもよい

[日経トレンディ2020年4月号の記事を再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集