膨らむ教育費負担 まず「高校無償化」の要件チェックFPがお悩み解決

子供の受験シーズンが終わると今度は「学費が心配」との声も
子供の受験シーズンが終わると今度は「学費が心配」との声も

子供が二人。大きくなれば塾代もかかります。教育費だけ考えても、今後の子育てが不安です。(40代男性)

◇ ◇ ◇

回答者:ファイナンシャルプランナー 前野彩さん

子供の成長と共に増えてくるのが、補助学習費です。志望校を目指し、頑張る子供を応援しつつも、家計を担う親としては、塾代の負担を感じることもありますよね。

まず塾代の目安が分かると、不安を少し減らせると思います。学年別の塾代の平均月額を文部科学省「子供の学習費調査」で見てみましょう。

中学校の公立は1年生1.2万円、2年生1.8万円、3年生3万円、私立が1年生1.5万円、2年生1.9万円、3年生2.1万円となり、高校受験を控えた公立中3年が最も高くなっています。高校では、公立1年生0.9万円、2年生1.1万円、3年生1.7万円、私立1年1.2万円、2年生1.4万円、3年生2.2万円です。

就学支援金、今年度から私立高校も手厚く

高校には「高等学校就学支援金」、いわゆる高校無償化制度があります。支援金は、学校を通じて手続きと給付がなされるため、保護者は授業料と支援金の差額を学校に納めます。支援金額は、公立高校の年額11万8800円は継続ですが、今年度から私立高校は手厚くなり、39万6000円に増えます。

ホッとするとともに、進路の選択肢が広がりますね。自治体によっては独自の支援金もあるため、私立高校に通う、あるいは目指す場合は情報を集めておきましょう。

注目記事
次のページ
イデコで無償化の対象になることも
今こそ始める学び特集