NEC・富士通・バイオ…売れ筋A4ノートPCを実力診断

今日は、各社の売れ筋A4ノートを徹底比較する。今回、取り上げたのは、10万円前後から18万円台で購入できる15.6型。いずれも光学ドライブを搭載する各社の主力モデルだ。

NEC 15.6型定番ノートの代表格、ライゼン搭載でコスパ良し

定番スタンダードノート「ラヴィ ノート スタンダードNS 」シリーズの売れ筋モデル。狭額縁デザインを採用し、以前のモデルに比べて本体がコンパクトになった
NEC「LAVIE Note Standard NS600/RA」
●CPU:ライゼン7 3700U(2.3GHz )●メモリー:8GB ●ストレージ:256GB SSD(PCIe)●光学ドライブ:DVDスーパーマルチ●ディスプレー:15.6型(1920×1080ドット)●オフィス:ホーム&ビジネス2019●実売価格:12万7000円前後

【テスト結果】(注)
●PCMark10:3700●PCMark10Applications:5614●CINEBENCH R20:1516●起動時間:38秒

最初に取り上げるのは、大手国内ブランドの1つであるNECの2020年春モデル。同社の主力シリーズである「ラヴィ ノート スタンダードNS」から、実売価格が12万円台とコストパフォーマンスに優れる「NS600/RA」をテストした。

 CPUにAMD製のライゼン7を搭載しているが、実施したベンチマークテストでは、富士通を除く3機種との差は感じられなかった。価格を考えると優秀な結果といえるだろう。

キーボードは数字の入力に向いたテンキー付き。キーストロークは1.5ミリとやや浅めだ。光学ドライブはDVDスーパーマルチで、使いやすい右側に搭載する

ただし、キーボードの使い勝手や液晶の画質ではやや不満を感じる部分も。特にキーボードは、長文を入力する人には、「Enter」キーが小さかったり、矢印キーの形状が独特だったりする点が気になりそうだ。同シリーズは、ほかにも多彩なラインアップをそろえる。

右側面は光学ドライブのみで、USBなどの端子類は、すべて左側面に集約している。USB3.0端子はタイプCが1つと、通常のタイプAが2つとなる
気になったのがキーの形状と配列。矢印キーや「Enter」キーの形状が独特。上下の矢印キーが限られたスペースに詰め込まれており、「Enter」キーも細くテンキーとの間隔が狭い

【富士通】ワンクラス上の高性能CPUを搭載、細部まで使い勝手にこだわる

富士通の定番スタンダードノート「ライフブックAH 」シリーズ。20年春モデルは発売せず、19年秋冬モデルを継続販売している。発売当初よりも価格が下がり値ごろ感がある
富士通「LIFEBOOK AH77/D3」
●CPU:コアi7-9750H(2.6GHz)●メモリー:8GB ●ストレージ:256GB SSD(PCIe)+1TB HDD ●光学ドライブ:ブルーレイ( BDXL )●ディスプレイ:15.6型(1920×1080ドット)●オフィス:ホーム&ビジネス2019●実売価格:18万6000円前後

【テスト結果】
●PCMark10:4397●PCMark10Applications:7912●CINEBENCH R20:2170●起動時間:24.5秒

続いてNECと並び、国内シェアが高い富士通。スタンダードノートの中からテスト機に選んだのは、「ライフブックAH」シリーズの上位機、「AH77/D3」だ。19年に発売されたモデルだが、同シリーズは20年春モデルを発売していないため、現在もこちらが最新機だ。

パソコンは、発売後、徐々に価格が下がる。この製品も同様で、発売当初は実売価格が20万円を超えていたが、現在は18万円台半ばまで値下がりしている。それでも、CPUに性能の高いコアi7の「H」シリーズを採用し、256ギガのSSDに加えて、1テラのHDDを搭載するなどスペックはかなり高い。発売間もない他社の20年春モデルよりも上のため、ベンチマークテストでは圧倒的な強さを見せた。

キーボードが本体の左右ギリギリまで配置され、形状や配列にも配慮がうかがえる。キーストロークも最近のノートパソコンとしては深い2.5ミリ。光学ドライブはBDXL対応ブルーレイを搭載する

使い勝手も国内メーカーらしい配慮が随所で光る。特にキーボードへのこだわりは見事。2.5ミリの深いキーストロークや配列など、使い勝手も5製品の中で一番だ。液晶の発色、音質などもまずまずで総合力が高い。

USBのタイプA端子は、3.0を左側面に2つ、2.0を右側面に1つ搭載。タイプC端子はUSB3.1(Gen2)を左側に1つ装備。ほかにSDカードスロットを搭載するなど端子類は豊富だ
目を見張るのがキーボード。矢印キーは一段下がり、テンキーとの間も広いなど配列は完璧。テンキーのサイズもほぼ均一だ。またオンキヨー製スピーカーを搭載し、音にもこだわる

(注)「テスト結果」の各ベンチマークプログラムの結果は、「PCMark10」がパソコンの総合性能、「PCMark10 Applications」がワード、エクセル、パワーポイント、エッジを実行した際の処理性能、「CINEBENCH R20」がCPU単体での演算性能を示し、それぞれ数値が高いほど性能が良い。また「起動時間」は、「BootRacer」の「フル起動テスト」で計測。常駐アプリの読み込みが完了し、パソコンが完全に起動するまでの時間となる。

注目記事
今こそ始める学び特集