東京五輪チケットが当たる クレカが期間限定特典ポイント賢者への道(154)

NIKKEIプラス1

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

クレジットカードの利用に応じて東京五輪・パラリンピックの観戦チケットが抽選で当たる特典キャンペーンが現在いくつかあります。カード会社はポイント還元のほかに大規模イベント時にこうした期間限定キャンペーンを打ち出すことがあり要注目です。その内容を見てみましょう。

オフィシャルスポンサーであるVISAなどが会員向けに実施しています。事前に公式ウェブサイト上でカード番号を入力するなどしてエントリー(参加登録)します。そしてカードを3月末までの期間中に5回以上(1回300円以上)利用すると抽選で125組250人が当選します(観戦競技は選べず)。利用5回ごとに応募1口とカウントされ回数に応じて応募口数が増えます。期間中に非接触式の「タッチ決済」を1回でも利用した場合は応募口数が5倍に増えます。

これと内容は似ていますがローソン店舗でのカード利用に限定したキャンペーンもあります。3月末までにVISAカードを5000円利用するごとに応募1口(タッチ決済利用で5倍)となり抽選で100組200人が当たります。前述したキャンペーンとは別に参加登録します。

三井住友カードなど金融機関系カード会社で構成するVJAグループは4月末までVISAブランドの会員を対象に実施中です。利用5回ごとに応募1口となります(合計利用額5000円以上が条件)。275組550人(オリンピック)、25組50人(パラリンピック)が当選します。こちらも別途、会員サイト(Vpass)でエントリーする必要があります。

キャンペーンに応募するだけの目的で無駄に買い物するのはよくないですが、ふだんよくカードを使うという人はチケット獲得に望みをかけてエントリーをしておくといいでしょう。

菊地崇仁
北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、NTTに入社。社内システムやLモードの料金システムの開発などに携わり、2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。06年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。一般からプラチナまで、57枚のクレジットカードを所有。

[NIKKEIプラス1 2020年2月29日付]

注目記事
今こそ始める学び特集