地球の息吹を体感 災害への備えも学べる火山10選

111の活火山がある火山大国、日本。大地の躍動を体感しつつ、噴火や地震のリスクも知っておきたい。「大地の公園」ジオパークにある、親子で学べる火山を専門家が選んだ。

■1位 有珠山・昭和新山(北海道)900ポイント
むき出しの岩肌、たなびく噴煙

1944~45年、終戦と軌を一にして昭和新山が有珠山に寄り添うように畑から誕生した。有珠山の頂上からは、むき出しの岩肌から噴煙がたなびく、「生きている」昭和新山を間近に見下ろせる。火山と大地の躍動が体感できるジオパークならではの光景だ。「災害は非日常ではなく、日常の中で起きることを子供も実感できる」(王麗華さん)。麓には昭和新山誕生の経緯を克明に記録した三松正夫記念館がある。「当時の様子が詳しくわかるので必見だ」(目代邦康さん)

太古の噴火で形成された巨大なカルデラ内にできた洞爺湖の温泉街は火山活動のたまもの。一方で被災した団地など「1970年代と2000年の有珠山の噴火の遺構が保存され、20~30年周期の噴火活動と人間や観光との共生を深く学べる」(永野海さん)。防災意識が高く「地域住民が防災学習や教育旅行の案内役として活躍している」(森順子さん)。洞爺湖町の火山科学館=写真=では、被災した車や轟音(ごうおん)の中で椅子が振動する最新型のシアターも体感できる。

00年の噴火では事前避難で人的被害はなかった。噴火を2回経験している杉上繁雄館長は「必ず予兆を教えてくれるウソをつかない優しい山」と有珠山を表現する。「事前の防災教育の周知徹底はもっと評価されるべき」(小林政能さん)との声も。自然との共生への評価が高く、専門家全員が選びうち3人が1位に推した。有珠山ロープウェイはリニューアルのため3月15日まで運休。

(1)JR洞爺駅からバスで約40分(2)https://www.toya-usu-geopark.org/

■2位 普賢岳・平成新山(長崎県)740ポイント
大災害の脅威・教訓 伝える

1991年6月3日。約200年ぶりの普賢岳の噴火で誕生した溶岩ドームが崩壊、火砕流に飲み込まれた消防団員や火山学者、報道関係者ら43人が犠牲になった。普賢岳山頂からはこの時でき、長崎県の最高地点(標高1483メートル)となった平成新山=写真下=の生々しい姿が望める。大災害の脅威と教訓を伝えるのが、島原港近くの雲仙岳災害記念館(がまだすドーム)=同上。「火砕流の疑似体験はぜひ体験したい」(島崎敢さん)。火山に見立てた体験施設があるこどもジオパークや犠牲になった記者が撮影した最後の映像も見られる。「火山との共生について考えさせられ、防災意識が高まる」(王さん)

土石流で被災した家屋を保存する公園も整備されている。島原半島ジオパーク協議会の森本拓さんは「平成の噴火災害で起きた事実を学ぶとともに、火山で育まれた島原半島の文化や歴史にも関心を持ってほしい」。噴煙を上げる雲仙地獄は、かつてキリシタン殉教者の舞台。「地形と歴史が同時に感じられる」(森さん)。

(1)島原鉄道島原港駅からバスで約40分(2)http://www.unzen-geopark.jp/

■3位 桜島・姶良(あいら)カルデラ(鹿児島県)700ポイント
すぐそばにある都市が教材に

20世紀では国内最大級の1914年の大正噴火で、桜島は大隅半島と地続きになった。噴石を伴う爆発的噴火は2019年は228回と「世界で最も活発に噴火している火山のひとつ」(千葉達朗さん)。大正噴火から100年以上経過し、桜島・錦江湾ジオパーク推進協議会の内野祐紀さんは「大規模噴火への警戒は高まっており、小学校に現状や防災意識を高める副読本を配布している」。桜島のある鹿児島市は「火山防災トップシティ」の取り組みを始めた。「火山と防災の両方を学べる最適な場所」(新堀賢志さん)

「火山と共存する大都市そのものが教材」(島崎さん)で、「世界的にも稀有(けう)な活火山との共生」(甘中繁雄さん)が高く評価された。高台の城山公園からの景観=写真=は「巨大な姶良カルデラ内にできた錦江湾と桜島のつながりが感じられる」(永野さん)。島に約3800人が暮らし、鹿児島港を結ぶフェリーは24時間運航。

(1)鹿児島港から船で20分(2)http://www.sakurajima-kinkowan-geo.jp/

■4位 阿蘇山(熊本県)620ポイント
火口ライブ中継は迫力満点

東西18キロメートル、南北25キロメートルの世界最大級のカルデラ噴火がもたらした大地のすごみを堪能できる。「カルデラ内で農業や多様な文化を育む人々の暮らしが成立しているのがユニーク」(目代さん)。16年熊本地震でも「山麓の南阿蘇村の地下水は枯れることなく災害時の住民の生活を支えた」(小林さん)。その噴火は「古代中国の史書に記載があり歴史的にも意義深い」(古宇田亮一さん)。

火山博物館で見られる火口カメラは「世界で最も迫力のある火口の生中継映像」(千葉さん)。火山ガスが多い時は周辺散策を規制する仕組みも整っている。

(1)JR阿蘇駅からバスで約30分(2)http://www.aso-geopark.jp/

■5位 三原山(東京都)530ポイント
必見のバウムクーヘン状地層

1986年の噴火では最大の集落、元町に溶岩が迫り1万人を超す島民が全員避難した。噴火の教訓を生かし、「充実したガイドに支えられたジオツアーは、伊豆大島の名物」(小林さん)。火口は直径300メートル。「ダイナミックな火山活動を間近で見て学べる」(甘中さん)

東側一帯に広がる「裏砂漠」は日本で唯一「砂漠」と地図に記された場所。「地球じゃないという言葉が出るほど荒々しい景色」(中川和之さん)。「世界的にも有名なバウムクーヘン状の地層や溶岩流の跡など地球を学べる」(永野さん)

(1)東京・竹芝港から高速船で1時間45分(2)http://www.izu-oshima.or.jp/geopark/

注目記事
次のページ
火山と生きる日本
今こそ始める学び特集