弟子3人、なぜか全員元お笑い芸人 談笑流にマッチ?立川吉笑

立川談笑さん(左から2人目)には二ツ目の弟子が3人いる(左から談洲さん、ひとりおいて筆者、笑二さん)
立川談笑さん(左から2人目)には二ツ目の弟子が3人いる(左から談洲さん、ひとりおいて筆者、笑二さん)

落語家になる前のことだが、18歳から24歳くらいまで「お笑い」を生業にしたいと思い続けていた。漫才師への憧れから始まって、挫折や出会いを繰り返すうちにアニメーションやグラフを使ったライブパフォーマンスをするようになった。少しは自分たちの表現に関心を示してくださる方が増えてきたことが後押しになって上京した。たまに声がかかってメディアに出演しつつ、定期的なライブを中心に数年活動した後、色々な事情で続けられなくなった。それでも「お笑い」を続けたかった僕は、そのとき偶然知った「落語」に魅了された。たった一人で観客と対峙するスタイルに自分も挑戦したくなった。落語のインプットをひたすら増やしながらお金をためて、26歳で師匠に入門した。今から10年前の話。

「反省ノート」に書いていたこと

先日、実家に帰った。両親は僕が家を出た20歳ごろからずっと部屋をそのままにしておいてくれたけど、さすがに片付けようかと一念発起し大掃除した。懐かしいものがたくさん出てくる中で特にグッときたのはお笑いを始めた時に作った反省ノート。ネタ帳とは別にライブに出演した時の反省点や次への課題を自問自答した内容で、そこには「大きな声でしゃべる」「堂々と舞台に上がる」「目線を定める」というような、芸人として基本中の基本が書かれていた。そんなノートを書いていたことなんて、すっかり忘れていた。

筆者が落語界に入る前にお笑いライブなどの出演後に記した「反省ノート」

楽器の巧拙と違って、お笑いはすごさが伝わりづらい。日常を過ごす学校や職場にいる面白い人とプロの芸人との差はわかりづらい。誰でもできると思われがちだし、現に僕もひたすらテレビでお笑いを見ていた学生時代、若手芸人のネタを見ては無責任に「全然面白くないなぁ、こいつら」などと思っていた。

それが、いざ自分で漫才をやってみると、プロの技術のすごさが身にしみる。学校の友達を笑わせるのと、観客を笑わせるのとでは次元が違う。ネタの内容とかセンスの前に、単純に立ち方や発声、目線、手の置き方などでレベルの違いを痛感させられた。自分の漫才を映像で見返すと、あまりの下手さに愕然(がくぜん)とする。それに比べて面白くないと思っていた芸人さんたちのうまさよ。そこから、何度も稽古し、ライブに出て、映像で確認することを繰り返して、少しずつ芸人としての立ち振る舞いが身についてくる。「顔がこわばっていると緊張感が客席に伝わるから笑顔を心がけよう」とか「ツッコミがワンパターンにならないようにメリハリをつけよう」とか、課題を見つけては修正していく毎日だったと、反省ノートを見て思い出した。

そのときふと気づいた。いま師匠・談笑には吉笑、笑二、談洲(だんす)という3人の弟子がいるけど、全員お笑い芸人として活動した過去を持つ。僕たち以外にも入門してきた若者が5人くらいいたけど、自分から辞めたり師匠に辞めさせられたり、結果的に残っているのは僕たち3人だけだ。これは偶然じゃないのかもしれない。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
談笑一門「2つのスキル」
エンタメ!連載記事一覧