佐藤浩市 薄れる物欲、でもまだ悩むゴルフクラブ選び

「だんだん執着心が薄れていって」と笑う佐藤浩市さん。でもいまだに「ゴルフクラブ選びだけは外したくない」という
「だんだん執着心が薄れていって」と笑う佐藤浩市さん。でもいまだに「ゴルフクラブ選びだけは外したくない」という

主演・助演を問わず活躍を続ける佐藤浩市さん。「モノに執着がなくなってきた」と話す名優が、それでもこだわりを持ち続けているモノとして話してくれたのは、ゴルフクラブとレコードだった。

外したくないゴルフクラブ

「モノに対するこだわりが、あまりないんですよね(笑)。役者仲間には、時計とか、身につけるモノが好きな人間が確かにいますけどね。車が好きな人間とか。僕も若い時は車にこだわりがあったりしたんだけど、だんだん執着心が薄れていって。今はもう、ゴルフクラブに対する執着心ぐらいしかない(笑)。

ゴルフクラブは、評判だけでは自分に合うものなのかが分からない。だからショップに行って試してから買いますね。基準は、今、自分がやりたいゴルフに沿うもの。年齢とともに、どうしても筋力とかいろんなものが低下してきますから、それを補うクラブを選んだり、補うことに対してあえてあらがって逆にハードスペックなものを試してみたり。大事なのは、ヘッドとシャフトのマッチングや、打感の良しあし。カスタムにしてシャフトを変えたり柔らかくしたり、いろいろしますよ。『クラブ1本ぐらい、簡単に買えるでしょ?』って思われるかもしれないけど、買って外すことぐらい、悔しいことはない(笑)。できるだけ外さないようにって、そこはこだわりますね。

最近買って良かったのは、バルドっていうメーカーのクラブ。久々に打感が非常に良かったなあ。それとテンセイ(三菱ケミカル)の『CK プロ オレンジ』というシャフトとのマッチングが良かったですね。

ゴルフの魅力は、愚かしくも自分が出てしまうところ。やっぱり、人となりが出るんですよ。僕も今年60(歳)になるので、そろそろ達観できているだろうなと思いながらもなかなかそうはいかない(笑)」

ベストスコアは69と、プロも顔負けの腕を持つ佐藤さん。ゴルフとともにファンの間で知られているのが「ヘビーメタル好き」だ。愛聴してきたのはブラック・サバスやユーライア・ヒープといった70年代に全盛期を迎えた英国のバンドたちだという。

持っていることがうれしいアナログレコード

「聴き始めたのは中学くらいかな? ガキの頃からヘビーロックが好きで。みんなが(レッド・)ツェッペリンとかディープ・パープルに行くなか、僕はブラック・サバスとかユーライア・ヒープとか、そっちでしたね。本流に行くのが、嫌なタイプだったんで。

佐藤浩市さんの自宅に残るアナログレコード

当時買っていたのはレコードでした。よく『CDと比べたら味わいが違う』とか言われるけど、『まあ、そんなことはどうでもいいんじゃねぇの?』と思ってる(笑)。ただ、レコードは持ち物としてバリューを感じますよね。LPのジャケットが持つ、見開きも含めてのモノ感っていうのかな。だからレコードは、枚数を持っていることが妙にうれしかったりする。今も、家に500枚ありますよ。ほとんどが70年代半ばくらいまでの洋楽なんだけど、僕ね、矢沢(永吉)さんのソロアルバムの初版を持っているんですよ。そういえば、フジテレビの亀山千広元社長に『初版はすごい価値がある』と言われて、『そうなんだ』と思ったな(笑)。

レコードを聴いていたのは、40代半ばか50歳くらいまで。最近じゃもう、ほとんど聴かなくなりましたね。それでも持ち続けているのは、『持っている』っていう所有欲を満足させたいからかもしれない。これからも捨てることや売ることはないだろうと思います」

今も500枚あるアナログレコードには「持ち物としてのバリューを感じる」という

手帳や指輪で思いを表現した「Fukushima 50」

3月6日公開の出演映画は、門田隆将さんのノンフィクション(「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」)を、若松節朗監督(「沈まぬ太陽」「空母いぶき」)が映画化した「Fukushima 50」(フクシマフィフティ)。佐藤さんは、2011年3月の福島第一原発事故現場で指揮を執る1、2号機当直長・伊崎利夫を演じている。

「(原発推進派と反対派の)どちらに転んでも、どちらかのプロパガンダになりかねないテーマ。一方の立場に偏重してやる作品だったら、僕としてはちょっと、お受けできないなと思ったんです。でも、若松さんや企画プロデューサーの椿(宜和)さんは、『そのどちらでもなく、この映画では現場の人間にフォーカスを当てたい』と言う。それなら僕も含めて知らないことが多い。これはやるべきじゃないかと思いました。

役作り? いやもう、役作りなんかないですよね。最前線にいた現地雇用の方々は、国に対して、家族に対して、故郷に対して、どういう思いでいたのか。国の肩越し(向こう側)に家族や故郷を見たのか、家族や故郷の肩越しに国を見てそこにいたのか、どっちなんだろうとちょっと思ったくらい。演じてみると、そんなこともどうでもいいんですよ。大事なのは、何かできるわけじゃなくてもそこにいるしかない、いることが大事なんだ、と思わざるを得なかった人たちの気持ち。それをなんとか表現として伝えられたらという、それだけでした」

『Fukushima 50』に出演して大事にしたのは「何かできるわけじゃなくてもそこにいるしかない、いることが大事なんだ、と思わざるを得なかった人たちの気持ち」だった

撮影で印象に残っているモノは、「手帳」や「指輪」だと言う。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
家族への思いを描いた手帳や指輪
MONO TRENDY連載記事一覧