アスリートのウォーミングアップ 競技場外でする理由

日経Gooday

写真はイメージ (c) ammentorp-123RF
写真はイメージ (c) ammentorp-123RF
日経Gooday(グッデイ)

東京オリンピックまであと半年を切った。競技によっては、代表選考も大詰めだ。マラソンの開催場所が札幌へと変更になったように、「アスリート・ファースト」のあり方も積極的に議論されている。多くのオリンピック選手を指導してきたフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんから見て、大きな国際大会で選手をサポートすることの難しさはどこにあるのだろうか。

2020年は東京オリンピック・パラリンピックが開かれる。国内では、各競技とも代表内定者が決まったり、代表選考が行われたりしている。男女マラソンの残り代表各1名が決定する、「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」も3月に最終レースの開催を控えており、選手は調整に励んでいるはずだ。試合に向けて重要になってくるのが、トレーナーやコーチの存在だ。そこで、国内だけでなく国際大会にも帯同することのあるフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんに、試合当日のフィジカルトレーナーの仕事について語ってもらった。

試合直前にフィジカルトレーナーがやっていること

最近の陸上長距離界は何かと話題が多い。昨年(2019年)12月には、オリンピックのマラソンコースが札幌市内に変更された。そして今年1月、箱根駅伝では、中野さんがフィジカル強化指導を担当する青山学院大学が圧倒的な強さで優勝を飾り、女子のハーフマラソンでは新谷仁美選手が日本記録を樹立した。

そして3月には、いよいよMGCファイナルチャレンジによって、マラソンの男女代表の残り各1名が決定する。

選手たちの今後を左右する重要なレースになるわけだが、このような大きな大会のとき、フィジカルトレーナーはどんな役割を果たすのだろうか。

「出場する選手がけがをしていたり、調子が悪いのであれば、それは“マイナス”の状態です。それを “ゼロ”の状態に近づけるために、テーピングをしたりマッサージをするのは、ケアスタッフのトレーナーです。私たちフィジカルトレーナーもそれはできますが、メインの仕事ではありません。私たちの役割は、“ゼロ”よりもっと上の“プラス”の状態に持っていくことなんです」(中野さん)

このシリーズでも、「箱根駅伝の舞台裏 青学フィジカルトレーナーの戦い」という記事で、フィジカルトレーナーが大会当日に実際に何をやっているのかを解説した。

選手には、ギリギリまでマッサージをしてもらいたいという人もいれば、直前は体に触れられたくない、集中したいので一人にしてほしいという人もいる。そういった要望を事前に聞き、それに沿って、選手がパフォーマンスを発揮するための手助けをするのがフィジカルトレーナーの仕事だ。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
選手のフィジカル面の異変を察知する
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント