powered by 大人のレストランガイド

食べ応え十分 チリの海藻はインカのスーパーフード

1万4000年前からチリの人々が食べていたというスーパーフード、コチャユーヨ。動物質に見えるが、実は海藻だ
1万4000年前からチリの人々が食べていたというスーパーフード、コチャユーヨ。動物質に見えるが、実は海藻だ

ワカメにコンブ、ヒジキにノリ――。日本の食卓には、毎日のように海藻を使った料理が並ぶ。日本ほど多種多様な海藻を食べている国はないといい、沿岸には約1500種の海藻が生息するという。ところがだ。南米チリには、日本では見られない驚くような外観の海藻がある。コチャユーヨだ。

この海藻、一見すると乾燥した豚の皮のように見える。豚の皮でなくとも、外見はどう割り引いても動物性の食材のようなのだ。チリでは、どのスーパーマーケットにも並ぶほど人々の日常を彩る食材で、「海岸に近いエリアでは特にポピュラーなんですよ」とはフリオ・フィオル駐日チリ大使。浜辺で「タダ」のコチャユーヨがいくらでも手に入るかららしい。

チリ貿易振興局のイベントで、チリ産の海産物を使った丼にトッピングされたコチャユーヨを食べたときは、まるでコラーゲンたっぷりのてびち(豚足)の皮を細かく刻んだものに思えた。食べなれた海藻とはまるで違う弾力のある食感があり、食べ応えがあったからだ。海藻という低カロリーの食材ながら、なにやら肉のような満足感がある。今まで知っていた海藻の世界が、覆されたような気がした。

コチャユーヨの食材としての起源は古く、なんと1万4000年も前にさかのぼる。チリ南部の遺跡モンテベルデからコチャユーヨの残滓(ざんし)が発見されたのだ。「インカ帝国(13~16世紀)でも食べられていたんですよ」とは、日本でこの食材の輸入を手がけるバイオジェム社長のキシモト・マリコさん。同帝国はアンデス山中に築かれたが、ミネラルなどが豊富な栄養源として、山の産物との交換で海辺に住む民族からこれを手に入れていたのだろうという。ちなみにコチャユーヨとは、コチャが海、ユーヨが野菜のこと。アンデス地方に暮らす人々が話すケチュア語の言葉だ。

チリ食材のイベントで食べた海鮮丼。肉のかけらのように見える肌色の食材は、コチャユーヨ。海鮮とも肉とも相性がいい食材だ

日系ペルー人のキシモトさんはひょんなことからこのチリの海藻と出合った。

実は、ペルーでは全く異なる海藻をコチャユーヨと呼ぶ。ハバノリに似た海藻だ。同国では海藻は食材としてあまり人気がないらしく、「コチャユーヨも飾りに使うぐらい」(キシモトさん)とか。ところが、ペルーで開催された学会でキシモトさんが、藻類の専門家である東京大学特任准教授の倉橋みどりさんにペルーの海藻について聞かれたときのこと。同国のコチャユーヨの話をしたところ、「コチャユーヨと言えば、通常はこれのことよ」と言われ、初めてチリの食卓をにぎわす食材のことを知ったという。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド