綾小路翔 サングラスとバーカウンターの意外な共通点

サウジアラビアから来た客が「KISHIDAN!」

この「one night stand」をオープンしたのは2019年4月。まだ1年もたっていませんが、この店舗自体は2009年からずっと借りていて。飲食店はここで歴代3軒目です。これまでのお店は会員制で、知り合いだけが来てくれるような空間でした。僕を信頼して来てくれた人に、安心して楽しんでもらいたかったんです。でも、もともとはわちゃわちゃした空間が好きだし、いろいろな人と交流もしたい。それで思い切って、誰もがふらりと立ち寄れる立ち飲みスタイルのバーはどうだろうと。

渋谷という場所柄もあってか、諸外国の方もけっこう立ち寄ってくださいます。店名がこれですからね。ちょっとドキマギしながら入って来られる方も多いです(笑)。ある時、日本人のお客さんとサウジアラビアからいらした方が、この店で談笑していたんです。そこにたまたま僕も居合わせたので、日本人のお客さんが「彼はミュージシャンだよ」と紹介してくださって。すると、そのサウジアラビアの方から「君の曲をかけて」とリクエストが。そこでうちのスタッフが「One Night Carnival」の映像を流したんです。そうしたら、「KISHIDAN!」って叫ぶじゃないですか。聞けば、彼が中学生のころによくやっていたゲームで我々の曲が使われていたそうです。うれしかったですね。一度ご帰国なさったんですが、再び来日された時にもまたご来店下さって。こういう人との出会いがあるからお店は面白い。

「カウンターしかない」と綾小路さんはいうが、カウンターの下には客がスマホを充電できるようにと電源とUSBスロットを用意するなどの細かな気配りも
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
すべてを掛け合わせて面白くできるのがヤンキー文化
MONO TRENDY連載記事一覧