ノータイジャケット ネックの表情付けで脱・単調2020着たい服と装い方

MEN’S EX

2020/3/2
MEN'S EX

ジャケットの装いは、タイを締めずに着崩すほうがシンプルなだけに難しい。単調にならないための秘訣は、「ネック」の表情付けにある。ネックのニュアンスUPによる3つの印象改善術をスタイリストの四方章敬氏に訊いた。

〈 極み 1 〉
ジャケットスタイルに「+エレガンス」なら“モックネック”

GRAN SASSO(グランサッソ)のモックネックニット
ソフトな肌触りが心地よい、季節を問わずに着られるハイゲージ編みのコットンモックネックニット。裾はリブで締めず、サイドにスリットを入れたカットソー風デザインで、単体着用も様になる。 2万1000円(フローエンス トーキョー)

〈 極み 2 〉
ジャケットスタイルに「+リラックス」なら“バンドカラー”

GUY ROVER(ギ ローバー)のバンドカラーシャツ
ビームス別注の一枚は、ゆとりのあるシルエットとプルオーバーのデザインが相まって、リラックス感溢れる印象に。また涼感に富むコットンリネンのシアサッカー生地は、ニュアンスも申し分ない。 2万2000円(ビームス 六本木ヒルズ)

〈 極み 3 〉
ジャケットスタイルに「+スポーティ」なら“鹿の子ポロ”

LACOSTE(ラコステ)の鹿の子ポロシャツ
すべてのポロシャツの原型をなすモデルが、この「L.12.12」。たっぷりとした袖に、程よくゆとりのある身頃、へたりにくい鹿の子といったオリジンの個性は人を選ばず、魅力が色褪せることもない。 1万3000円(ラコステお客様センター)

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram