LEON

2020/2/28

Item 【3】 白のミドルのタートルネック

秋冬の定番インナーであるタートルネックニット。なかでも都会的な黒のハイゲージが鉄板でしたが、これを白のミドルゲージに変えてみる。と、新鮮リッチに生まれ変わります。

◆ スローン

ほどよいボリュームとは裏腹な軽やかさが◎
上質ウールの代名詞であるメリノウールのなかでも、なめらかさと光沢を引き出した梳毛糸で編み立てた一着。存在感のある5ゲージですが、軽やかでとっても温か。またフルファッション製法による立体的なシルエットで、ストレスのない着心地。ちょいユルめのネックやボディが脱力リッチな印象を演出します。 ニット3万3000円/スローン

ユルリッチなインナーは素材感がキモ
黒ハイゲージのタートルネックでも成立する装いですが、白ミドルゲージは俄然リッチな雰囲気。ウールの素材感が引き立ち、余裕のあるリッチ感を醸すって仕掛け。合わせやすいシンプルな編み地も◎。

ダウン31万8000円/ムーレー(ムーレー 銀座店)、パンツ2万2000円/ムッシュ ニコル エクストラ(ニコル)、サングラス3万4000円/オリバーピープルズ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)

Item 【4】 白のチルデンニット

小誌がここ数シーズン注目してきたインナーがチルデンニット。 スポーティさと可愛げな雰囲気を併せもっているのが特徴ですが、今冬はリッチな白が大オススメなのですよ。

◆ ザノーネ

オヤジの着こなしを心得たデザイン
クラシックをベースに時代性を絶妙に取り入れたニットが得意な同ブランド。新作のチルデンも伝統的なケーブル編みながら、ラインを一色に絞り、Vネック周りにのみ施すことで合わせやすい一着に。また厳選されたウールのみを用いており、すこぶる軽量で柔軟な着心地が堪能できます。 ニット3万8000円/ザノーネ(スローウエアジャパン)

男らしさや重厚感を可愛げな軽快感にシフト
男らしいスエード素材の4ポケファティーグジャケットも、白チルデンの可愛げな雰囲気で男臭くなりすぎず、なおかつ軽快に着こなせます。ラインがネック周りだけなので、逆に可愛くなりすぎるのを回避。また白チルデンの下に白クルーネックTシャツを合わせれば、より軽やかで清潔感ある印象を演出してくれるのです。

ブルゾン15万6000円/チンクワンタ、Tシャツ7800円/スローン、パンツ7万8000円/ヘリル

お問い合わせ
アイヴァン 7285 トウキョウ/03-3409-7285 オリバーピープルズ 東京ギャラリー/ 03-5766-7426 グジ東京店/03-6721-0027 SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン)/0120-340-460 ジュンハシモト 表参道ヒルズ/03-5414-1400 スローウエアジャパン/03-5467-5358 スローン/03-6421-2603 ゼニス/03-3575-5861 チンクワンタ/050-5218-3859 トレメッツォ/03-5464-1158 トヨダトレーディング プレスルーム/03-5350-5567 ニコル(プレスルーム)/03-5778-5445 バインド ピーアール/03-6416-0441 ヘリル(アンシングス)/03-6447-0135 ムーレー 銀座店/03-6228-6041

※表示価格は税抜きです。

写真/人物・谷田政史(CaNN)、静物・蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/古川 純 文/竹石安宏(シティライツ)

LEON

[ウェブサイト『LEON.JP』2020年2月12日公開の記事を再構成]

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram