新型コロナ抑止は今が重要局面 外出控え、手洗い徹底Dr.今村の「感染症ココがポイント!」

日経Gooday

花粉症の人は接触感染に注意を

――私たち個人が感染から身を守り、感染拡大を防ぐためにはどんなことが大切ですか。

個人レベルでできることは、風邪やインフルエンザと同様に、日常的な予防をより徹底していくことに尽きます。

新型コロナウイルスの感染ルートは、咳(せき)やくしゃみによる「飛沫感染」と、ウイルスの付いたものに触れた手で目・鼻・口の粘膜に触れる「接触感染」が中心です。そして、この時期に重要となるのが、咳・倦怠(けんたい)感・発熱などの症状のある人が行う予防行動。手洗い、マスク(症状のある人には極めて有効)、そして自宅療養です。

ですから、咳やくしゃみの症状があるときはマスクをして、手や指をこまめにしっかりと洗うことが大切です。また、むやみに人混みに出かけることも避けてください。特に、咳・倦怠感・発熱など風邪の症状があるときには、なるべく外出を控えて、できれば仕事も休み、人と接触しないようにする。こうした小さな予防行動の積み重ねが、自身や身近な人の身を守り、感染拡大の予防にもつながります。

花粉症で目のかゆみなどがある人は、ウイルスの付いた手で目をこすらないよう注意したい。写真はイメージ=(c) Antonio Guillem -123RF

目に見えないウイルスは至るところに付着している可能性があり、数日にわたって感染力が持続することもあります。その場所に触れた手で目・鼻・口に触れれば、感染が成立しますから、こまめに手を洗うことが重要になります。忘れがちなのは、マスクを外した後の手洗いです。せっかくマスクをしていても、外すときに触れた手で目・鼻・口を触ってしまえば意味がなくなってしまいますから、必ず手洗いをするように意識してください。

また、今の時期は花粉症による症状で、ウイルスの付いた手で無意識に目や鼻に触れてしまうケースも多くなります。花粉症のある人はその治療をするとともに、マスクやメガネをかけておくことでも、接触感染の予防になります。

感染の疑いがあれば「相談・受診の目安」を参考に

――新型コロナウイルス感染症の症状は、風邪と区別がつかないことが多いということですが、具体的にはどのような症状が見られますか? また、インフルエンザの症状との違いはあるでしょうか。

軽症では、咳や鼻水、37.5度程度の発熱が見られます。これらは風邪と見分けがつきにくいですし、先ほどもお話ししたように、花粉症の鼻炎症状にも似ています。インフルエンザの場合は、急に高熱が出たり、関節痛や筋肉痛が伴ったりするので、新型コロナウイルス感染症との区別がしやすいものの、軽症の場合もあるので、いずれにしても正確に判断するのは難しいでしょう。

――では、風邪と同様の症状があり、新型コロナウイルスの感染に不安を感じた場合には、何を基準にして医療機関の受診を検討すればいいでしょうか。

政府が2月17日に発表した「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」[注1]は、下記のようになっています。項目に当てはまる人はまず、「新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター」[注2]に連絡をし、センターに勧められた医療機関を受診するようにします。個人の判断で複数の医療機関を受診するのは、感染拡大のリスクがあるので、避けることが大切です。

「帰国者・接触者相談センター」は、各都道府県に設置されていますので、厚生労働省のホームページや各自治体の窓口などで確認してください。なお、相談・受診の目安に該当すれば、帰国者や接触者でなくても相談が可能です。

新型コロナウイルスの感染拡大がいつまで続くのか、または収束していくのかは、現時点では専門家でも予測しづらいのが現状です。だからこそ、行政、医療機関、一般の人たちが協力して、できる対策を徹底していくことが重要です。

【「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」のポイント】

●相談・受診の前に心がけることは

・発熱などの風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える

・発熱などの風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく

●「新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター」に相談する目安は

・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている人

・解熱剤を飲み続けなければならない人

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある人

●早めの相談が勧められる人は

以下の人は重症化しやすいため、上記の目安の症状が2日程度続いたら相談を

・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある人
・透析を受けている人
・免疫抑制剤や抗がん剤を使用している人
*妊婦も念のために、重症化しやすい人と同様に早めに相談を

[注1]「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596905.pdf

[注2]各都道府県の「新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター」まとめページ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html?fbclid=IwAR0dT5CCqctP-e1s8BlfEONY0FzYZO7Q4JEZ2zzsEnP-hLkc77An-yaTyFo

(ライター 田村知子)

今村顕史さん
がん・感染症センター東京都立駒込病院感染症科部長。1992年浜松医科大学卒業。駒込病院で日々診療を続けながら、病院内だけでなく、東京都や国の感染症対策などにも従事。日本エイズ学会理事などの様々な要職を務め、感染症に関する社会的な啓発活動も積極的に行っている。自身のFacebookページ「あれどこ感染症」でも、その時々の流行感染症などの情報を公開中。東京都立駒込病院感染症科ホームページ(http://www.cick.jp/kansen/)。

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント