こすらない風呂用洗剤 女性開発者を勇気づけた言葉

日経doors

「家事はラクをしてもいいんだと思った」というユーザーの声で必要な商品と確信
「家事はラクをしてもいいんだと思った」というユーザーの声で必要な商品と確信
日経doors

ライオンのシェアが下がり続けていた風呂用洗剤市場で久々の快打となったのが「ルックプラス バスタブクレンジング」。1年で2200万本を売り上げ、市場シェアを3倍に伸ばした。ヒットの秘訣を開発チームに聞きました。

肌寒い日が続くと、楽しみなのが入浴タイムだ。簡単にシャワーで済ませるのではなく、湯船でしっかり温まりたい。ただ、気になるのが日々のバスタブ洗い。清潔を保ちたいので毎日洗いたいけれど、腰をかがめてスポンジで磨くのは面倒くさい――。

そんな風呂掃除のストレスに目をつけて開発されたのが、ライオンの風呂用洗剤「ルックプラス バスタブクレンジング」。ミスト状に広がる洗剤をバスタブにまんべんなく吹きかけ、60秒待ってシャワーで流すだけで、こすらずに汚れを落とすことができる。この「こすらずにキレイになる」ことが画期的で、家事や仕事に忙しい女性や、体をかがめた掃除がつらい妊婦や高齢者などから支持され大ヒット。発売後1年で2200万本を販売し、ライオンの風呂用洗剤における市場シェアを3倍に拡大した。

この商品の開発がスタートしたのは2011年に遡る。当時、ライオンの風呂用洗剤は、競合他社の売り上げに及ばないどころか、定期的な改良を重ねているにもかかわらずシェアが下がり続けていた。商品開発を担当していた宮川孝一さんは「このままだと市場での存在意義がなくなる。なんとか存在感を発揮しなければという危機感が、開発のスタートでした」と振り返る。

注目記事
次のページ
風呂掃除のストレスに目を向けて差別化