powered by 大人のレストランガイド

チリトマトに油揚 広がる異色素材ラーメン、お味は…

チリトマラーメンTHANKの「塩玉子付きチリトマラーメン」
チリトマラーメンTHANKの「塩玉子付きチリトマラーメン」

2020年に入り早2カ月。都内新店でラーメンをすするうち、あることに気が付いた。今年はこれまで、ラーメンにあまり用いられてこなかった「異素材」を駆使した1杯を提供する店舗が目立つのだ。ラーメンはほかの麺類と比べて圧倒的に多様性があるが、それがさらに顕著になるかもしれない。今回は今年オープンし、異素材を巧みに活用した都内3軒を紹介する。たまには、風変わりなラーメンを召し上がるのも、乙な選択肢ではないだろうか。

チリトマラーメンTHANK(サンク)

<トマト&ミートソース&山椒(さんしょう)。身体に優しい1杯>

1月24日、ベジポタラーメンの存在を世に知らしめた立役者として名高い大門の実力店「THANK(12年1月創業)」のセカンドブランドとして近所に誕生した「チリトマラーメンTHANK」。アスリートなど健康に気を遣う食べ手も、罪悪感を抱かずに気兼ねなくラーメンに舌鼓を打ってもらいたいという、田邉店主の思いを結実させた新店だ。

ヘルシー、かつ斬新な1杯を目指している

同店のコンセプトは身体に優しいラーメンを提供すること。ただ、田邉氏は当代きっての創作ラーメンの名手。「せっかく新しいラーメンを提供するのなら、ヘルシーなだけでなく、これまでになかった斬新な1杯にしたい」と、ラーメンとしては珍しい、チリトマトベースの1杯を開発した。

現在、提供する麺メニューは「チリトマラーメン」と「チリトマつけめん」の2種類。まず召し上がっていただきたいのは、基本メニューである「チリトマラーメン」だ。

トマト&鶏ベースのスープは口内の隅々にまで広がる香り豊かなトマトピューレが唾液腺からアミラーゼを噴出させる。新鮮なトマトを大量に使用することで、重厚なうま味が演出できている点も、高く評価できる。スープの土台を構成する鶏だしは1号店で創ったスープを流用。「1号店からほど近い場所に店舗を構えたのは、スープの搬入の便を考慮したもの」と笑う田邉店主。効率的にラーメンを提供する体制づくりもバッチリだ。

スパイシーミートソース、トマトラー油、山椒マー油といった、同店だけのオリジナルアイテムを巧みにラーメンに採り入れ、栄養価の高いスーパーフード「モリンガ」を配合した麺を用いるなど、随所に店主ならではの創意工夫が垣間見える点も、特筆に値する。とりわけ、鮮やかな緑色の麺は視覚的にもインパクト満点。紅いスープとの鮮やかなコントラストに、思わず視線がくぎ付けになる。

米国で誕生した「マンハッタン風クラムチャウダー」から着想を得たという、この1杯。是非一度、お試しあれ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト