答えと解説

正解は、(1)逆流性食道炎と(2)機能性ディスペプシアです。

胃の病気の代表といえば、かつては胃がん、胃潰瘍でした。ところが、ヘリコバクター・ピロリ(以下、ピロリ菌)の除菌が進み、ピロリ菌に感染していない世代も増える中、胃がん、胃潰瘍は減少。胃の病気の主役は逆流性食道炎と機能性ディスペプシアの2つに移りつつあります(図1)。

市立大津市民病院で1998年と2005年に行われた計2833件の内視鏡検査を基に、年齢調整有病率を算出した。胃潰瘍が減少しているのに対し、逆流性食道炎の増加が目立つ。(出典:Nakajima S, et al. J Gastroenterol Hepatol 2010; 25 Suppl 1:S99-S110.)

ピロリ菌は胃の粘膜にすみ着く細菌で、胃の粘液に含まれる尿素を分解し、アンモニアを産生します。ピロリ菌が産生したアンモニアによって胃粘膜は傷つけられ、さらに、ピロリ菌が作る活性酸素や毒素からも胃はダメージを受けます。こうして胃粘膜の炎症が進むと、胃酸の刺激によって胃潰瘍が発生しやすくなります。さらに、胃粘膜が萎縮して慢性的な胃炎を起こし、そこから胃がんが発生しやすくなってしまうのです。

「ピロリ菌の除菌治療を受ければ、胃がんや胃潰瘍のリスクを遠ざけることができます。ところが、除菌によって胃粘膜の炎症が止まることで、かえって別の病気にかかるリスクも出てきます。その1つが逆流性食道炎です」。国立国際医療研究センター消化器内科診療科長の秋山純一さんはそう語ります[注1]

胃の運動機能の衰えと相まって逆流が起きる

逆流性食道炎とは、文字通り、胃の内容物が食道方向へと逆流し、食道が炎症を起こす病気のこと。代表的な症状として、胸やけやゲップ、喉や口の中が酸っぱいと感じる呑酸(どんさん)、胃痛などがあります。

「ピロリ菌を除菌すると、胃粘膜の炎症が止まるので、それまで出にくかった胃酸が出やすくなります。それに加えて、中高年になると食道と胃をつなぐ筋肉である『下部食道括約筋』が衰えて緩むようになり、胃から食道への逆流が起きやすくなります。さらに、胃から十二指腸へ内容物を押し出す動きも衰えるので、胃の中で内容物が停滞し、食道方向に逆流しやすくなるのです」(秋山さん)

除菌前と比べて胃酸が出るようになり、さらに加齢による胃の筋肉の衰えと相まって、逆流しやすくなるというわけです。そもそもピロリ菌に感染したことがないという人も、滞りなく胃酸を分泌し続けるため、そこに加齢による胃の動きの衰えが加われば、やはり逆流のリスクは高くなってしまいます。

[注1]胃がんの減少にはこのほか、塩分摂取量の減少なども影響していると考えられている。

次のページ
自律神経の乱れやストレスも影響
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント