人類最速ボルトさん 電動キックボードで新ビジネス

Paravi

オリンピックで8個の金メダルを獲得。"人類最速の男"ウサイン・ボルトさんがビジネス界に進出しました。

ボルトさんは、自らの名前をブランド名につけた電動キックボード「ボルト・モビリティー」を発表しました。「今一番の目標は、このブランドを成功させること。初めて企業に参加する大きな仕事だ」と話します。

両足を前に向けられるため、体が正面を向き自然な体勢で安定して乗ることができます。服装を気にしないで乗れる手軽さも魅力のひとつです。

ハンドル部分には、ドリンクホルダーやスマホ入れなども付いていて、快適な乗り心地を追求しています。

電動キックボード事業でビジネス界に進出したボルトさん

日本では原付きバイク扱いになるため、まずは免許のいらない企業や学校の私有地でシェアサービスを展開していく考えです。

ボルトさんは、引退後初めて取り組む事業に"電動キックボード"を選んだ理由を「人にやさしく、誰にとっても安全に作られていること。車の利用を減らし環境にも良いというのが重要だった」と話します。

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年11月15日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2020年2月11日付記事を再構成]