女子も満足ビジネスノート リフィルや方眼自在に操る今旬ときめきステーショナリー

機能充実の新作ビジネスノート
機能充実の新作ビジネスノート

デザインが洗練された上に、性能性にもこだわった大人のビジネスノートが今話題です。一般的に販売されているノートよりも価格帯が高いものの商品数は増え、ビジネスノートの市場は拡大傾向を見せています。海外で人気に火が付いた日付にこだわらない手帳術の「バレットジャーナル」のブームもノート活用の幅を広げています。仕事だけでなく副業や育児などライフスタイルの変化によって、仕事のタスクだけでなく、自分のキャリアパスやかなえたい夢・目標などをノートにまとめる女性が増えています。そこで今回は、デザインと機能性にこだわったワンランク上のビジネスノートを紹介します。

インデックスがついて検索性がUP! こだわりが詰まった注目のノート

「あなたの1年を晴れにする」をコンセプトに生まれたのが、いろは出版「SUNNY NOTE」です。人気の手帳ブランドから出た待望のノート。見返すときにサッと引き出せるインデックスとメモや予定が書きやすい独自の方眼のデザインが特徴です。仕事ノートとして使いやすい検索性と、自分らしく使えるカスタマイズ性の2つを併せ持ったノートになっています。

いろは出版「SUNNY NOTE」(写真左からホワイト、イエロー)

表紙は紙製で、カラーはホワイト・イエロー・アッシュブラウン・ターコイズ・ピンクの全5色。値段は1600円(税抜き)です。サイズは職場で使いやすいA5変形で、半分に折りたたんでも使えるリングノートになっています。リングはセパレート式製法で上下のみにリングがついており、真ん中にリングがないため手がリングに当たらずに文字を書くことができます。

各ページにページ番号が印刷されています

「SUNNY NOTE」は、独特のフォーマットが魅力です。方眼の1マスは2.5ミリで、一般の5ミリと比べると約半分の大きさで文字を細かく記入でき、方眼に合わせて絵や図が書きやすくなっています。さらにページが分割しやすいようにガイドがついています。写真では水色の線の部分が横に3分割、ピンクの線が上下に2分割した状態になっています。ページに線を引いて自分が使いやすいデザインを工夫できるため、例えば上下に線を引いて4つのアイデアを書き分けたり、横に線を引いて3段に分けてプロジェクトごとの進捗を管理したり、といったような使い方ができます。

タイトルと日付が書けるインデックスページ

「SUNNY NOTE」には、便利な2種類のインデックスがあります。まずは全ての目次として使えるインデックスページです。「SUNNY NOTE」のノートページに全てページ番号が振られており、インデックスページと連動させて使います。インデックスページでは1から157ページまでのページ番号が一覧になっており、そのページに何をいつ書いたか見開きで確認することができます。ページによって仕事とプライベートがごちゃ混ぜになったり、ページを飛び飛びに使ったりしても、インデックスにまとめておくだけで必要なページにサッとたどり着くことができます。

時系列で検索しやすいインデックスシール付き

2つ目はインデックスシールです。「SUNNY NOTE」にはあらかじめインデックスシールも同封されています。インデックスシールは時間軸の切れ目に貼ることで、月毎や時系列で見返すときに便利です。各ページにはインデックスが貼りやすいように貼る位置が薄いグレーでプリントされています。その位置に合わせるだけでどのページにも簡単に貼ることができる上、インデックスがページからはみ出る幅は約2~3ミリと狭いため、折れにくく持ち運びしても邪魔になりません。

表側のポケットに「CONTENTS REFILL」を差し込めます

「SUNNY NOTE」は拡張性にもこだわりがあります。セットで使える「CONTENTS REFILL」というノートも展開しており、1年の計画が立てられるイヤープランナーとフリーの月間フォーマットの「MONTHLY」。いつからでも使える3カ月分の月間マンスリーと14週間分のバーチカルフォーマットの「WEEKLY」。「SUNNY NOTE」と同じフォーマットのインデックスとノートが付いた「SUB NOTE」。やりたいことや読んだ本、行きたい場所などを書きだせる「WISH LIST」の4種類で、値段は各300円(税抜き)。マンスリーの予定やWISH LISTなど自分に必要なコンテンツを組み合わせて使うこともできます。

注目記事
次のページ
1枚ずつリフィルが入れ替えられる「新感覚」ノート