powered by 大人のレストランガイド

海外で日本人醸す メード・バイ・ジャパニーズワインエンジョイ・ワイン(23)

ニュージーランドでワイナリーを開いた小山浩平さん
ニュージーランドでワイナリーを開いた小山浩平さん

先日の米アカデミー賞で、米国在住の日本出身アーティストがメーキャップ・ヘアスタイリング賞を受賞するなど、日本を飛び出し海外で活躍する例が様々な分野で目立っている。ワインの世界でも、海外の銘醸地でワイン造りに挑み高評価を得る日本人醸造家が増えてきた。経歴も多様で、ワインの魅力の一つである「造り手のストーリー」にも満ちあふれている。そんな「メード・バイ・ジャパニーズ・ワイン」を紹介する。

1月のある週末、東京都内のイタリア料理店で生産者と話をしながら、その生産者の造ったワインを楽しむ「メーカーズ・ランチ」が、20人ほどのワイン愛好家を集めて開かれた。醸造家の一人として話をしたのが大木和子さん。イタリア・トスカーナ州の小都市カッラーラにあるワイナリー「カンティーナ大木」のオーナーで醸造家だ。

大木さんは彫刻家だった夫と結婚3年で死別した後、亡き夫の作品集を作ろうと、夫婦縁(ゆかり)の地カッラーラに舞い戻った。民宿を営みながら、自家用ワインを造っていたが、そのうち「イタリアの食文化を象徴するワインにもっと本格的にかかわりたい」と思うようになり、10年にブドウの木を植え替え、醸造施設も本格的なものに改装した。

カッラーラは大理石で有名で、ワイナリーの近くには石灰岩の山が真っ白い地肌をさらけ出してそびえたつ。フランスのシャンパーニュ地方やブルゴーニュ地方など、銘醸地と言われるワイン産地は石灰土壌が多い。地中海に面し、温暖で雨の少ない気候も理想的。恵まれた自然条件の中で、大木さんは仲間の助けを借りながら、ワイン造りに励んでいる。

マルモル・ラクリマ 2017

メーカーズ・ランチで試飲した大木さんのワインの中で特に印象に残ったのは、北イタリアの人気品種ヴェルメンティーノと仏ローヌ地方の有名品種ヴィオニエを混醸して造る白ワインの「マルモル・ラクリマ2017」(ワイナリー小売価格6600円、税込み)。洋ナシや熟したリンゴのような果実の香りと豊かで透明感のある酸、さらにはミネラル感のバランスが秀逸で、パスタや魚料理とぜひ合わせたい1本だ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド