powered by 大人のレストランガイド

海外で日本人醸す メード・バイ・ジャパニーズワインエンジョイ・ワイン(23)

セバスチャン・リフォー サンセール ヴィニフィエ パー ジュンコ・アライ2015(ディオニー提供)

フランスでワイン造りをしている日本人も多い。02年、ロワール地方のトゥーレーヌでワイナリー「ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ」を立ち上げた新井順子さんもその一人。東京都内でワイン教室やレストランを経営していたが、「ロワールの畑を買わないか」という誘いに飛びつき、日本でのビジネスをたたんで渡仏した。初めのころは、ブドウの実を野生の鹿に食べつくされたり、洪水で樽(たる)ごとワインを流されたりとハプニング続きだったが、めげずにワインを造り続けた。

ロワール地方は有機栽培ブドウを使い一般的な培養酵母ではなく天然酵母で発酵させた、飲み心地のよい「ナチュラルワイン」の産地として有名で、新井さんの造るワインもナチュラルワインだ。ナチュラルワインの世界的名手セバスチャン・リフォーとのコラボワイン「セバスチャン・リフォー サンセール ヴィニフィエ パー ジュンコ・アライ2015」(輸入業者参考小売価格5000円、税別)を出すなど、実力はフランスでも高く評価されている。

ノリア ピノ・ノワール サンジャコモ・ヴィンヤード2018

フランスには他に、ブルゴーニュ地方でワイン造りを続け、「ルー・デュモン」ブランドで日本でも有名な仲田晃司さんらがいる。

米カリフォルニア州で、「ノリア」のブランドでワイン造りをしているのは中村倫久さんだ。慶応大学経済学部を卒業し大手ホテルチェーンに就職した中村さん。赴任先のサンフランシスコで本場のカリフォルニアワインのすばらしさを知り、醸造家になることを決意。退職して醸造学で有名なカリフォルニア大学デービス校に入学し、卒業後はナパバレーのワイナリーなどで経験を積みながら、10年に自前のワイナリー「ナカムラセラーズ」を立ち上げた。

「ノリア ピノ・ノワール サンジャコモ・ヴィンヤード2018」(輸入業者希望小売価格5800円、税別)など、ナパバレーと並ぶ高級ワイン産地、ソノマコーストのえりすぐりの畑から買い入れたブドウで造るピノ・ノワールやシャルドネは力強さとエレガントさを兼ね備え、ソノマの風土をよく体現している。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト