軽くて薄いSurface Pro X 通信内蔵で使い勝手向上西田宗千佳のデジタル未来図

マイクロソフトのSurface Pro X
マイクロソフトのSurface Pro X

マイクロソフトが2020年1月に発売したSurface Pro Xは、キックスタンドを内蔵したタブレット型のWindowsパソコンである「Surface Pro」シリーズの最新モデルだ。だが、LTE通信機能(携帯電話回線での通信機能)を備えるなど、既存のSurface Proと比べて違う部分の多い、特別な製品になっている。

別売のタイプカバーと組み合わせた

より「タブレット的」になったSurface Pro X

LTE通信機能については、後ほど詳しく解説するとして、まず、他のSurface Proより薄くて軽く、画面が大きい。Surface Pro 7と比べて厚さで1.2ミリ薄く、重量で16グラム軽いという差は、数字の上では大きなものではないが、画面が13インチとPro 7の12.3インチより一回り以上大きく、ぐっと「大きくなったのに軽く、薄くなった」ように感じる。

Surface Pro Xは厚さが7.3ミリと、Windowsパソコンとしてはかなり薄い。よりタブレット的だ

2in1のSurface Proシリーズは純粋なタブレットのiPadと比較すると大柄で分厚い印象があったが、Surface Pro Xについては、厚みやディスプレーの「縁」の細さなどもあり、かなり近い印象になった。使ってみると、「パソコンのソフトがそのまま使えて、ブラウザーなどもパソコンのフル機能のものが搭載されているのに、機器としての手触りはよりタブレット的」になった感覚を受ける。

薄いボディーを実現するには、消費電力が少なく、発熱も小さなCPU(中央演算処理装置)を使う必要がある。これまで、Windows系タブレットでそういう製品を作ろうとすると、性能の低い「Atom系」技術を使ったCPUが採用されていた。だがそれは結果として、低価格ではあるが性能的に不満の残る製品を生み出すことになっていた。

Surface Pro Xでは、パソコンで広く使われてきた米インテルや米AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイス)のx86系CPUではなく、スマホ/タブレットと同じ「ARM系」技術を使った「Microsoft SQ1」というオリジナルのCPUが採用された。これは、スマホ/タブレットで大きなシェアを持つ「Snapdragon」シリーズを作っているクアルコムとの共同開発に基づくもので、パソコン向けに性能を強化したARM系プロセッサーだ。ソフトは既存のWindows用のものを「エミュレーション」する形で利用する。というと、動作が遅くなるように感じるかもしれないが、実際のところ、体感上問題は感じない。「64ビット版のWindowsアプリが使えない」という制約があるため、米アドビ製の写真整理・動画編集ソフトや、最新のゲームなどが動かないものの、マイクロソフト・オフィスを含めた多くのアプリは特に問題なく使える。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
増えている「LTE内蔵パソコン」
MONO TRENDY連載記事一覧