新生活楽しむトースター 得意技はクロワッサンやピザ新生活にほしい調理家電 前編

トーストを焼くだけではない、技ありのトースターを紹介する
トーストを焼くだけではない、技ありのトースターを紹介する

もうすぐ始まる新年度に合わせて、毎日を楽しくしてくれる調理家電を前後編で紹介する。前編で取り上げるのは新生活家電の定番トースター。今回は食パンはもちろん、それ以外のパンにも力を入れている製品を集めた。人気を集める生食パン、クロワッサン、フレンチトースト、そして番外編としてピザがおいしく楽しめるトースターの4機種だ。

冷凍した生食パンを窯から出したての味に/シャープ

ウォーターオーブン専用機「ヘルシオ グリエ AX-GR1」。実勢価格は2万9000円前後(実勢価格は2月中旬に家電量販店のネットショップで調査。税込み。以下同)

シャープの「ヘルシオ グリエ」は、一般的なトースターとは異なり、過熱水蒸気を熱源とするウォーターオーブン専用機。水蒸気をさらに加熱し、100度以上の過熱水蒸気が食材を包み込み、内部に適度な水分を与えながら温める。この仕組みにより、トーストの場合も、中をもっちり、外をこんがりに仕上げる。

使用前に水タンクに約40ミリリットルの水をセット。大量の過熱水蒸気が庫内に充満し、食材の内部までしっかり温める

最新モデル「AX-GR1」には、しっとりした食感で人気の「生食パン」がおいしく焼ける「ふわふわモード(弱モード)」を新たに搭載した。一度に食べきれず冷凍した生食パンも焼き目をつけることなく、窯から出したてのような食感に温める。さらに、冷凍したり乾燥したりしてしまった白パンやサンドイッチ用パンなども、ふわふわした食感に温め直すことができる。

たっぷりの過熱水蒸気が低めの温度でじっくり加熱し、買った時のふわふわ食感を再現する

パンだけでなく、揚げ物の温めなおしも得意。天ぷらやフライを表面はサクッと、中は熱々に温められる。余分な油を落としながら温めることで、電子レンジに比べ油分の摂取量が抑えられるという。カロリー量を抑えたノンフライ調理や、異なる食材を同時加熱するセットメニュー調理もできる。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
バターの香りたつクロワッサン/バルミューダ
MONO TRENDY連載記事一覧